6月の今月読む本 その1

東 えりか2012年06月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HONZの例会はほぼ定刻の7時に始まる。仕事や何かの事情で来られない場合は、きちんと連絡が来る。そしていつも一番乗りは代表の成毛眞だ。しかし、どうしたことか、今日の朝はいつまで待ってもやってこない。携帯もつながらないしメールにも出ない。

「寝坊かな?」

「いや、朝一番はフェイスブックが繋がってたよ」

「今は?」

「繋がってない」

「えっ、どっかで倒れてる?」

と縁起でもないことをおしゃべりしながら、まあ始めるか、とPCをモニターに接続しはじめたときにようやく到着。

「いやー、地下の駐車場で迷っちゃって…」

いつも車で来る麻木久仁子によると、駐車場が迷路みたいなのだそうだ。

今日の欠席は仕事上のトラブルに見舞われているらしい土屋敦栗下直也。欠席者は最後に回そうということになる。

最初は久々の登場、大阪大学大学院教授、仲野徹。昨日はNatureに論文が採用されたそうですよ。難しすぎてよくわかりませんが…

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature11093.html

精神を切る手術――脳に分け入る科学の歴史
作者:ぬで島 次郎
出版社:岩波書店
発売日:2012-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

著者は生命倫理の専門家で日本で禁止されたロボトミー手術が現代の脳科学研究とどう関わっているのかを読み解いた本だそうだ。そそられる。

刑務所で死ぬということ
作者:美達 大和
出版社:中央公論新社
発売日:2012-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

無期懲役囚がつぶさに見た、獄で老い獄で死ぬということ。『ドキュメント長期刑務所』も相当面白かった。

キマジメ人生相談室
作者:山口 瞳
出版社:河出書房新社
発売日:2012-04-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ふとしたときに思い出す山口瞳。単行本未収録の人生相談。仲野先生にも相談してみたい。

HONZ活動記が大人気の村上浩

日本レスリングの物語
作者:柳澤 健
出版社:岩波書店
発売日:2012-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ロンドンオリンピックも近くなってきた。メダルが期待されるレスリングの黎明期からを書き起こした労作。

大山倍達の遺言
作者:小島 一志
出版社:新潮社
発売日:2012-04-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

上の本がひたすら強さを求める本だとしたら、これは大山倍達亡き後の内部分裂劇を追ったもの。

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)
作者:川島 浩平
出版社:中央公論新社
発売日:2012-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今回の村上はスポーツでまとめてきた。人種による運動能力の比較。

あまりに忙しくて、得意の「超速レビュー」もままならない内藤順

バイエルの謎: 日本文化になったピアノ教則本
作者:安田 寛
出版社:音楽之友社
発売日:2012-05-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ピアノを習ったことがある人なら必ず通る「バイエル」だが、ドイツではあまり知られてないらしい。私もやりましたね。

かき氷屋 埜庵の12カ月
作者:石附 浩太郎
出版社:主婦の友社
発売日:2012-06-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

下戸の内藤は甘いものに目がない。この本は湘南で一年中開いているかき氷屋の写真集。頭がキーンとしないんだそうだ。

レ・ブルー黒書――フランス代表はなぜ崩壊したか
作者:ヴァンサン・デュリュック
出版社:講談社
発売日:2012-06-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

サッカー南アフリカワールドカップで一次予選を敗退したフランス。なぜフランス代表は崩壊したのかに迫る。

雑誌の締め切りで寝不足なので、テンションが高い足立真穂

あまりにあわただしい毎日だと、宇宙についてぽわんと考えたくなるそうだ。

非選抜アイドル (小学館101新書)
作者:仲谷 明香(AKB48)
出版社:小学館
発売日:2012-04-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

AKB総選挙が話題だが、選抜に入れない思いを綴った本。足立は、本人がかいてないのではないか、という。「30代の男性みたいな気がする」真相はいかに??

小田嶋隆のコラム道
作者:小田嶋 隆
出版社:ミシマ社
発売日:2012-05-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ミシマ社HPに連載されていたコラムをまとめたもの。絶対に面白い。

朝会はみんな大荷物なのに、なぜか身軽な高村和久 それもそのはず、オススメ本を会社に置いてきてしまったとか。

栗下がいたら、絶対になにか突っ込むだろう一冊。著者のプロフィールのカプリ財団についての情報が飛び交う。

徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣
作者:安藤 優一郎
出版社:日本経済新聞出版社
発売日:2012-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

渋沢栄一が最後の将軍を支えた幕臣であった、という事実に驚く。

フクシマは世界を変えたか ---ヨーロッパ脱原発事情
作者:片野 優
出版社:河出書房新社
発売日:2012-04-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ヨーロッパの脱原発事情。多種の再生エネルギーは日本の参考になりそうだ。

新刊を目の前に積み上げ、にこやかに微笑む麻木久仁子

未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)
作者:片山 杜秀
出版社:新潮社
発売日:2012-05-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

有能な軍隊の上層部が、なぜ神がかっていったのか。学生メンバーの刀根明日香も持ってきていて「麻木さんに教えを請いたい」と言わしめた。

都市が壊れるとき: 郊外の危機に対応できるのはどのような政治か
作者:ジャック・ドンズロ
出版社:人文書院
発売日:2012-04-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

2005年に起こったパリの暴動を分析した一冊。自らを「くず」と呼ぶ人間たちが、人から「くず」と呼ばれるとどうなるか。

サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法
作者:大槻 ケンヂ
出版社:白夜書房
発売日:2012-04-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ずっと第一線で活躍しているように思っていたけど、実は浮き沈みが相当あったそうだ。麻木さんは挫けるとオーケンの妄想ルンバをエンドレスで聴くとか。

新しい事業形態について、常に考えているようにみえる山本尚毅

貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える
作者:アビジット・V・バナジー
出版社:みすず書房
発売日:2012-04-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

とにかく面白かった、と力説する。レビューが楽しみだ。

工芸未来派
作者:
出版社:梧桐書院
発売日:2012-05-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

金沢21世紀美術館の展覧会に出品されている、すごい工芸品。まだ20代の山本は工芸や芸術の話に疎いという。写真が美しい。

全国ご利益登山ガイド
作者:世界文化社
出版社:世界文化社
発売日:2012-04-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

地元に帰ったとき、地域振興のひとつに山岳信仰があったのだそうだ。登山するならご利益がある場所へ行くのがいいかもしれない。

オーストラリアは冬なので真っ暗で寒いと震える久保洋介 スカイプで参加。

冥王星を殺したのは私です (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
作者:マイク・ブラウン
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-05-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

2006年8月、冥王星は太陽系の惑星から準惑星に降格された。著者はその事件の犯人。ゴリゴリの科学書ではなく、私生活まで暴露した本だそうだ。

サイバー社会に殺される
作者:リチャード・トレンザーノ
出版社:ヴィレッジブックス
発売日:2012-05-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

すでに村上と内藤が読了。ネットの炎上をどう防ぐかなどの知恵が詰まっている。

紛争と文化外交―平和構築を支える文化の力
作者:福島 安紀子
出版社:慶應義塾大学出版会
発売日:2012-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

オーストラリアには文化はないので、がっつり文化論を読みたかったそうだ。

5月の終わりから超多忙で、今日のレビューも仲野先生にかわってもらった東えりか

北緯60度の「日本語人」たち: フィンランド人が日本語の謎を解く
作者:植村 友香子
出版社:新評論
発売日:2012-04-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日本人はフィンランドにどんなイメージを持っているだろうか。本書は反対にフィンランドで日本語がどう関わっているかを調査した本。

潜り人、92歳。
作者:大崎 映晋
出版社:新人物往来社
発売日:2012-05-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

完全なジャケ買い。私自身もスキューバをやるので興味がある。

お待ちになって、元帥閣下 自伝 笹本恒子の97年
作者:笹本 恒子
出版社:毎日新聞社
発売日:2012-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

元気な老婦人の本が大好きなのだ。97歳、日本女性初の報道写真家の自伝。

毎月会うたび身奇麗になっていく鈴木葉月 かたぎっぽくないヘアスタイルにしたというので楽しみにしていた。こんな感じ。

ミッドウェー海戦 第一部: 知略と驕慢 (新潮選書)
作者:森 史朗
出版社:新潮社
発売日:2012-05-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ミッドウェー海戦 第二部: 運命の日 (新潮選書)
作者:森 史朗
出版社:新潮社
発売日:2012-05-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日米戦争の天王山であるこの戦いについて、じっくり読んでみたかったそうだ。

アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?
作者:ダン・セノール
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2012-05-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

留学していたとき、イスラエルの友人の考え方が非常に面白かったとか。

毒 (PHPサイエンス・ワールド新書)
作者:船山 信次
出版社:PHP研究所
発売日:2012-05-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

さまざまな「毒」についての科学読物。HONZメンバーのほとんどがこういう本が好き。

初めての遅刻にちょっと慌てた成毛眞

無限の網 草間彌生自伝 (新潮文庫)
作者:草間 彌生
出版社:新潮社
発売日:2012-03-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

草間彌生Art Book  Hi,Konnichiwa
作者:草間 彌生
出版社:講談社
発売日:2012-05-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

強烈な芸術家・草間彌生。若い女性が大挙して押し寄せる展覧会は圧巻。

小石、地球の来歴を語る
作者:ヤン・ザラシーヴィッチ
出版社:みすず書房
発売日:2012-05-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

そのへんに転がっている小石を拾い、その来歴を探ることで地球史が見える。

コモディティ戦争 〔ニクソン・ショックから40年〕
作者:阿部直哉
出版社:藤原書店
発売日:2012-05-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

アメリカの金融業界で一番尊敬されている大統領はニクソンなのだそうだ。

家庭ではすばらしいイクメンぶりだという新井文月

大きな魚をつかまえよう―リンチ流アート・ライフ∞瞑想レッスン
作者:デイヴィッド リンチ
出版社:四月社
発売日:2012-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチの発想術。

平家公達の歌 (双葉新書)
作者:西村 誠
出版社:双葉社
発売日:2012-05-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

平家の公達は滅びの和歌がうまかったという。

あらすじで読み解く古事記神話
作者:三浦 佑之
出版社:文藝春秋
発売日:2012-05-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今年は古事記編纂1300年に当たるのだそうだ。

今日の欠席者その1 栗下直也

少年犯罪〈減少〉のパラドクス (若者の気分)
作者:土井 隆義
出版社:岩波書店
発売日:2012-03-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

〈推薦コメント〉少年の凶悪犯罪って増えてるようで減ってるんだよねってのはよく知られてますが、何故ですかってところに切り込んだ本らしいです。

チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち
作者:遠藤誉
出版社:朝日新聞出版
発売日:2012-03-16
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

〈推薦コメント〉中国の最高幹部である「共産党政治局常務委員」の9人をめぐる人間ドラマ。女優のチャン・ツィイーが「ナイン」を目指していながら失脚した薄熙来の愛人だったとの報道が飛び出して、悲しさのあまり読むことにしました。

〈推薦コメント〉フリーライターが市議会議員になってみたら、糞みたいな世界でしたという話のようです。著者は現役の武蔵野市議会議員。

今日の欠席者その2 土屋敦

『ゴリラの森でうんちを拾う』(アマゾンにない)

http://www.animalmedia.co.jp/magazine/other/024.php

うんちなら土屋、という図式が成立してしまった。

ナチスのキッチン
作者:藤原 辰史
出版社:水声社
発売日:2012-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これも書影さえない凄そうな本。レビューが待ち遠しい。

悪いヤツを弁護する (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
作者:アレックス・マックブライド
出版社:亜紀書房
発売日:2012-05-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

英国司法の新米バリスタ奮闘記。

ここで1周目が終了。意外にもカブる本が少なく、平和な朝会である。しかしみんなまだまだ隠し玉を持ってるみたい。今月読む本 その2も近々アップします。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら