『広重と歩こう 東海道五十三次』

成毛 眞2008年09月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション)
作者:安村 敏信
出版社:小学館
発売日:2000-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

2000年に出版された本書はすでに5刷である。いまだ売れ続けているらしい。豪華な128ページのフルカラー大判本だ。ページ数が2の累乗になっていることがなぜかうれしい。ちなみに英語で2の冪は power of two という。

歌川広重は日米修好通商条約が締結された安政5年コレラに感染して没した。「東海道五十三次」は亡くなる25年前、広重が36才のときに出版された55枚セットの版画である。あらためて広重の浮世絵を見てみると、世界を席捲しつつあるマンガの原型であることが良くわかる。

55枚中人物が描かれていないのはたった1枚。残りの54枚には大名行列、巡礼や旅人、飛脚や駕籠かき、虚無僧や按摩、相撲取りや瞽女(ごぜ)など多様な人物がそれぞれに物語をもって登場する。広重の浮世絵はけっして単なる風景画などではない。それぞれが短編小説を読むがごとき味わいがあるのだ。

本書はそのいわば浮世絵の行間を埋める江戸風俗の解説と、現代の宿場跡地の紹介をテンポ良く構成したガイドブックである。この一冊をもって東海道を旅してみたいが、徒歩じゃ銀座までが限界のような気がするし、クルマではハンドルを持ったとたんに最高速で京都までぶっ飛ばしてしまいそうだ。なかをとって自転車でも買ってみようかと思う。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら