『歌舞伎検定公式テキスト』

成毛 眞2008年09月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松竹歌舞伎検定公式テキスト
作者:
出版社:マガジンハウス
発売日:2008-08-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本は高すぎる。いくらフルカラーとはいえ175ページで3000円もする。役者に肖像権使用料でも支払っているからであろうか。だとしても、全ての舞台写真は全景なので役者の顔は判別できない。なぜこれほど高いのか不思議だ。

毎月の公演で販売される筋書の定価は大判100ページあまりで1200円だ。歌舞伎月刊誌の『演劇界』も1200円だ。9月号などは新創刊1周年記念だとかで、役者の直筆サイン入り写真もあたるサービス付きだ。悔しいことにこれは当選しなかった。

本書の目的である第一回歌舞伎検定試験は11月24日に行われるのだが、検定料に5500円も取られる。高すぎる。検定に受かったからといって歌舞伎のチケットが安くなるわけでなないのだ。それでも受けてしまいそうだ。

とはいえ、歌舞伎はストーリーや役者などを知った上で見物しにいくほうが楽しい演劇である。作者や時代背景なども知っておくとさらに楽しい。その意味では『かぶき手帳』とともに初心者にとっては必携の本であろう。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら