『水の未来』

成毛 眞2008年10月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水の未来 世界の川が干上がるとき
作者:フレッド・ピアス
出版社:日経BP社
発売日:2008-07-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

イギリスには家畜に水を飲ませるため、夜露を集めた人工の水溜り「露池」がある。

琵琶湖の1.5倍の面積があり、カリフォルニア最大の塩湖である「ソルトン湖」は百年前の農地開発中に偶然生まれた。

パキスタンではリン酸などを多く含む都市下水を灌漑につかうと収量が多くなるため、下水で灌漑された農地の地価が高い。

「乾燥した大陸」だったはずのオーストラリアの一人あたりの利用可能な水量はイギリスの三倍もある。いっぽう、一人あたりの水消費量がもっとも多い国はなんとトルクメニスタンとウズベキスタンである。

二一世紀はじめの数年間、インダス川は海にそそぐ数百キロ手前で干上がった。二〇〇一年には米国のリオグランデ川も途中で干上がった。アラル海の湖岸は地図よりも数百キロ先まで干上がった。

インド西部とバングラデシュの数千万人が飲む地下水にはヒマラヤ山脈由来のヒ素が大量に含まれている。インド中部では同じく自然由来のフッ素中毒で数百万人も苦しんでいる。

これらは本書が取りあつかう水に関する知識のごく一部なのだ。本書の原題は『川が干上がるとき』である。ためしに各章の見出しを第一章からつなげてみよう。

川が干上がるとき、農業は死に、子孫たちの水が奪われ、湿地帯は滅び、洪水が人々を襲う。その裏ではダムが建造され、人々は水をめぐって争い、やがて文明は滅びることになりかねない。しかし、新しい水源を探す努力は続けられ、雨を集めたりしながら、自然の流れを取り戻すことは可能なのだと本書は結章する。

著者はロンドン在住のジャーナリストである。日本によくいる危機感を煽るだけの経済評論家や欧米の感情的な環境原理主義者でもない。十年以上の年月をかけた広範な取材を通じて世界の水の現状を公正に報道しているのだ。

本書は昨今流行の水不足や仮想水などの問題だけでなく、河川の氾濫や生態系をも取り扱っているし、一九六四年の第六日戦争がヨルダン川の管理権をめぐってイスラエルが仕掛けた現代の水戦争だという政治面まで踏み込んでいる。

さらに、タリバンやサダム・フセイン、ソ連共産党、カダフィ大佐などの独裁者も登場し、いかに彼らが自国に損害を与えたかも伝えている。残念ながらわが隣国の首領さまは登場しない。ちなみに北朝鮮は旱魃と水害が毎年交互にやってくる稀有な国である。

東京大学で水文学を教えている沖大幹教授は、著者が世界の水問題解決へ向けて①節水農業②雨水利用③氾濫の許容という三つの方策を本書で提示していると解説しながら、この著者は温暖化に懸念を表明しつつも、安易に温暖化に水不足を求めていないことを高く評価している。

この沖教授による解説は十七ページもあるのだが、本書は最良の解説者を得て、日本の読者にとって価値を倍増させたといっても良いだろう。

幸いなことに、本書においてわが国の登場回数は一回しかない。過去に数多くのダムを作りながら、建設反対派にまわったビアード元米国開発局長官を紹介するくだりで、長良川河口堰問題をわずかに取り上げているだけだ。諫早湾干拓などについても著者の公平な目で取り上げてほしかった。今後、本書を読まずして水問題は語ることは無謀であろう。

(月刊プレジデント9月15日号用原稿)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら