『高島野十郎画集』

成毛 眞2008年11月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高島野十郎画集―作品と遺稿
作者:高島 野十郎
出版社:求龍堂
発売日:2008-03-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

生前は清貧を貫き、1975年に千葉県野田市の老人ホームで亡くなった画家の画集である。名前に心当たりはなくても、3センチ位の火のついた蝋燭の絵をご覧になった方も多いだろう。以下はwikiからのコピペである。

「第八高等学校を経て、親の説得で東京帝国大学でその年に発足したばかりの農学部水産学科に進学、同科を首席で卒業するも恩賜の銀時計を辞退し絵画の道を選び、以降師につくこともなく、特定の美術団体へ属することもせずに、ただひたすら自らの画業に没頭した。」

ボクが最も好きな画家の1人である。もちろん本物の絵は一枚も持っていないので、美術館やこの画集で楽しんでいるだけだ。写真用語で恐縮だが色彩のラチチュードが広く、構図もセンター寄りで、理想の写真とでもいうべき絵だと思う。しかし、写真では絶対に無理な表現だ。写真では対象の実体に合わせて焦点を絞ることができないからだ。

野十郎の絵は感動よりも先に単に「キレイ」だという印象が強い。これは歌舞伎で名優の藤十郎よりも若手の菊之助のほうに引かれるボクにとって普遍の価値だ。青木繁の力強さや藤田嗣治のエスプリなどと全く異なる清清しい美とでもいえようか。

人生で始めて買った画集は高校生のときに買ったボナンザブックス版の『ビアズレー画集』だった。それ以来20年くらいは画集など高くて買えなかった。ビアズレーの画集にはオスカーワイルドの『サロメ』から行き着いたのだが、そんなことは関係なく単に「キレイ」だったから買った記憶がある。

ともあれ、この画集は247ページで4800円ほとんどのページがカラーというお得本である。しつこくて恐縮だが、岩波の『ハダカデバネズミ』の1500円に比べると圧倒的にお得である。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら