『追跡・アメリカの思想家たち』

成毛 眞2008年12月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
追跡・アメリカの思想家たち (新潮選書)
作者:会田 弘継
出版社:新潮社
発売日:2008-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書をきちんと紹介できるだけの知識を持ち合わせていないが、現代アメリカを批判するためには読まなければならない本であることはわかる。アメリカのキリスト教原理主義の奇妙さとその戦慄するべき影響については、なかば面白おかしく書いた本が多数出版されているが、そのほかの主要な思想について網羅的・体系的に紹介しているのは本書だけだ。

ネオコン、リバタリアン、ファンダメンタリズムなどメディアで言及されやすい思想だけでなく、南部農本主義やファンダメンタリズムの始祖であるメイチェンなども丁寧に取り扱う。第11章以降はフランシス・フクヤマの思想から徳富蘇峰、ハイエク、江藤淳、マクラレンまで縦横無尽にその不思議な連鎖を紹介する。

著者はジャーナリストである。したがって、思想家たちを「取材」して本書を書き上げたのだが、思想を取材するという画期的な本になっていることだけは間違いない。巻末の思想家たちを自由と秩序、近代と反近代の軸組みでプロットした図もジャーナリストであるがゆえの大胆さだ。なるほど、フランシス・フクヤマは近代で秩序の象限に、ハイエクは自由と反近代の象限に位置することが一目でわかる。

ところで、本書にも登場する江藤淳は東京工業大学の教授をしていたことがある。じつは親しい友人にそのときの江藤ゼミ生で、江藤淳が仲人をした人物がいる。本人いわく唯一の東工大文学部卒業生だとのこと。恐ろしい量の文章を読まされたらしい。現在その友人は大手SIベンダーにあって、深く文学を理解する金融システム開発の責任者である。ただしゴルフの腕前はボクとスクラッチ程度でしかない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら