『すごい空の見つけかた』

成毛 眞2009年01月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すごい空の見つけかた
作者:武田 康男
出版社:草思社
発売日:2008-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

写真集である。しかも版形は小さく95ページで1600円もする。ページあたり単価が高すぎる。元日でなければ紹介しない本かもしれない。お屠蘇気分で眺めるとじつにおめでたい空の写真で満載なのだ。

まずは「飛行機雲」という写真がすごい。普通の白い雲の中を1機の飛行機が飛んでいる。その飛行機のあとにはオレンジ色と赤の2色の飛行機雲がきっぱりと引かれている。著者は高校教師にして、第50次南極越冬隊員、気象予報士で空の写真を撮り続けている空のエキスパートだ。この飛行機雲についての解説もじつに的確だ。

「空からの夕焼け雲」という写真ももの凄い。まるでSF映画の噴火口を覗き込んだような感じだ。「地球照」という写真では宇宙を感じることができる。ペーパームーンの月が地球の太陽反射光を再反射して影の部分が浮かび上がるというものだ。こんな写真は知識があってもなかなか撮れるものではない。筆者も30年がかりで本書をものにしたらしい。

それにしても版形が小さすぎるし、解説もこの5倍の分量があっても良い。新年そうそう残念な本だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら