『遠い海からきたCOO』

成毛 眞2009年01月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遠い海から来たCOO (角川文庫)
作者:景山 民夫
出版社:角川書店
発売日:1992-03-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
虎口からの脱出 (新潮文庫)
作者:景山 民夫
出版社:新潮社
発売日:1990-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

12月25日付けの『いま恐竜が生きていたら』の書評にあわせて紹介しようと思っていたのが本書である。若い人は著者の景山民夫を知らないかもしれないが、一時は売れっ子の放送作家だった人だ。より知的なテリー伊藤という感じだった。1998年に不可解な死をとげる。生前新興宗教に激しくのめりこみ、マスコミはいまも彼の存在を拒絶しつづけている。このブログでも紹介するべきか否か悩ましいところだ。しかし、いままた読み直してみて、ふたたびとても感動してしまったので紹介する。

本書は20年前に書かれた小説である。父親とフィジーに住む12歳の洋助が海生恐竜の赤ちゃんを見つけるところからお話がはじまる。COOとはその恐竜の赤ちゃんの鳴き声からとった名前である。そのCOOと父子の不思議な暮らしは、フランスの諜報機関によって妨げられる。ファンタジーは謀略に置き換わりながら結末へ突っ走ることになる。紺碧の南の海を背景にした緻密な大人の童話だ。手に汗を握りながら泣けるお話である。

まだフランスが海洋核実験をしていたころの小説だ。アメリカは1958年に海洋実験は中止したが、フランスはフレンチポリネシア海域で1996年まで200回もの核実験を繰り返していた。いまではサルコジ大統領が紛争の調停役を自認し、大人の貫禄を見せるフランスだが、ちょっと前まではヤクザな国だったのだ。

じつは景山民夫は『虎口からの脱出』という本書に勝るとも劣らない大傑作を残している。ちなみに『虎口からの脱出』は絶版になっているらしい。間違いなく日本最高の冒険小説の1冊なのだ。しかし景山で面白い本はこの2冊しかないので要注意だ。残念なのは前述の景山が宗教狂いである。そうでなければ景山が亡くなったあとでも、この2冊は日本の名作として読み継がれ、映画化も行われたのではないかと思う。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら