『新説 桶狭間合戦』と『桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』

成毛 眞2009年01月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新説 桶狭間合戦―知られざる織田・今川 七〇年戦争の実相 (学研新書)
作者:橋場 日月
出版社:学習研究社
発売日:2008-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
【信長の戦い1】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった (新書y)
作者:藤本 正行
出版社:洋泉社
発売日:2008-12-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

両方ともに新書である。前者は2008年9月刊、後者は2008年12月刊だ。じつは両者、桶狭間の戦い以上に熱い戦いを出版物で展開中なのだ。前者の著者である橋場氏は本人のブログによれば40+α歳、後者の藤本氏は1948年生まれの60歳だ。桶狭間のときの信長は26歳、義元は42歳だった。年齢差も信長と義元に近い。

藤本氏は現在主力となっている「正面攻撃説」の提唱者である。一方の橋場氏はそれを真っ向から否定する「迂回攻撃説」だ。橋場氏はこの迂回攻撃説を説明するにあたり、前者で藤本氏の名前を挙げて正面攻撃説を否定した(P182)。それに対し藤本氏は3ケ月後に後者を出版し、橋場氏の名前を挙げて反撃したのだ(第7章)。

これを裁くほうも大変なようで、wikiの「桶狭間」の項は異例のボリュームになっているだけでなく、両説を別立てにしているほどだ。居城たる論文の掲載誌もそれぞれ異なり、藤本氏は人物往来社の『歴史読本』だし、橋場氏は学研の『歴史群像』だ。

この戦いは本の中身もさることながら援軍たる帯も面白い。先に出版された『新説』の帯には「桶狭間はやはり奇襲だった」と挑発する。反論する『桶狭間』の帯には「これらの定説は大間違い」と真っ向から否定するのだ。とはいえ、藤本氏はこの分野では先駆者だから、橋場氏だけにかまってはいられないと、他の研究者の説にも異論を唱えている。

桶狭間の真実よりもこの論争自体のほうに興味がある。少なくとも、総理大臣が12000円の定額給付金を使うか使わないかの論争よりもはるかに知的であることは間違いない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら