『死体の経済学』

成毛 眞2009年02月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死体の経済学 (小学館101新書 17)
作者:窪田 順生
出版社:小学館
発売日:2009-02-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

タイトルがどこかしっくりこないのだが、これ以外の題名はつけようのない本だ。内容は葬儀だけの話ではない。防腐処理だけでも、腐乱死体の処理の話だけでもない。死体にまつわるビジネスの総合的なノンフィクションなのだが、最後まで読むと金儲けだけだと割り切るには抵抗が生まれる。ゆえに経済学と名付けたのであろう。

第1章は葬儀ビジネスのからくりについてで、この章だけを立ち読みでもしたら買えない本だ。葬儀会社が遺族の当然の無知につけこんで、暴利をむさぼる構図の紹介で、まあそうだろうなで終わりになりかねない。次の章から断然面白くなる。

第2章ではエンバーミングというはじめて聞いた技術についての紹介だ。ドライアイスに代わる防腐処理技術のことだ。1体の処理に10-20万円かかるという。専門の機械を使い血液を抜き、防腐剤を注入するのだという。古くからある技術だそうで、土葬が中心のアメリカで発達したとのことだ。

第3章は日本で生まれたスプレー式の防腐処理剤だ。なんと3000円でエンバーミングと同様の効果があり、全国の警察や自治体から発注が殺到しているらしいのだ。このスプレー式の薬剤の開発過程がじつにおもしろい。そこでは偶然と努力が新しいビジネスを育んでいる。良質のベンチャービジネスのケーススタディを読んでいるようだ。

この章以降、第6章までは書評でもかなり伝えにくい部分である。すなわち納棺、死化粧、腐乱死体処理、遺品整理、死臭の消臭などについてであり、食事前後に読まないほうが良いかもしれない。著者自身が現場に踏み込んでのレポートなので充分読み応えがある。

最後は棺桶ビジネスと火葬場建設についてである。案の定、ここにも中国の廉価不良品が登場していることに苦笑してしまう。それにしてもエコには良いダンボールの棺桶があるというのだが、選んだ喪主は親戚から白い目で見られないのだろうか。

本書はさくさく読める割には、インフォーマティブだ。著者はこの取材に5年もかけているというのが良くわかる。全てを理解してそのエッセンスを書いているのだから、読みやすく内容にも満足できるといものだ。ヨーロッパからの帰りの飛行機のなかで2時間くらいで読んでしまった。おかげで結果的に読むものがなくなってしまい、熟睡できた帰り路だった。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら