『超撥水と超親水』

成毛 眞2009年03月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超撥水と超親水
作者:辻井 薫
出版社:米田出版
発売日:2009-03-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

完全な工学書であるから、よほどこの二つの事象に特別な興味がないかぎり読む必要はないだろう。これ1冊で二つの事象を俯瞰的に理解することができる。ある程度の科学の素養がないと読むのは難しい。

わずか3ページの第1章につづく、第2章の1ページ目で「バネやゴムの張力なら、その起源は原子間力や高分子鎖のコンホメーション・エントロピーと明確にわかっている」などと、この程度は最低の常識とひと言で片付けられる。次のページでは「表面にいる分子はそれゆえに自由エネルギーが高くなり、この自由エネルギーを単位表面積あたりで表したものは表面張力である」とこの分野の基礎の基礎から解説している。

それから先はどんどん数式も表も図も写真でてくる。アメンボの足は超撥水性を持っているがゆえに、水面をすいすい動き回れる。この時アメンボの足が作る水面の窪みによって排出される水の体積は脚そのものの300倍に達する。などという実生活には全く役に立たず、カルトクイズ番組でも出題されないような話も面白い。

しかし、本書は工学書であるから凸凹表面の基礎理論、ワックス表面の自発的フラクタル構造形成、カーボンナノチューブの表面処理、光スイッチングなどの理論がどんどん出てくる。

昨今ではユニクロのヒートテックに代表されるように、素材そのものが商品力になりつつある。超撥水と超親水は間違いなく、次世代のヒット商品に使われる技術であろう。建築材料や自動車、衣料品や電子部品などあらゆる分野に応用されることになるであろうし、日本がリードしたい分野である。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら