『Gloves』

成毛 眞2009年03月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイエンス地球儀 ムーバグローブ Blue globe
出版社:ナカバヤシ
発売日:2007-09-11
  • Amazon

いわば地球儀のカタログである。50種類の地球儀がフルカラーで紹介されている。そのほとんどが購入可能だ。最初に紹介される地球儀は直径32センチの「夜の地球儀WN」(31,500円)だ。まさに夜の地球を衛星から撮影したものを球に張り込んでいるのだ。これは欲しい。昼の地球の写真を張り込んだ地球儀もある。「スカイテラ」(14,700円)だ。これも欲しい。雲がじつにきれいだ。

蛍光灯程度の光さえあれば地球磁場との関係で半永久的に回転する地球儀「ムーバグローブ」(アマゾンで30,000程度)というのもある。これも欲しい。付属のペンで知りたいところをタッチすると、情報を音声で教えてくれる地球儀「パーフェクトグローブ」(29,400円)というのもある。13000以上の情報が登録されていて、ネット経由でアップデートされるという。これも欲しい。

CCL(Computer Controlled Levitation)という電磁石を利用したハイテクを使い球体を空中に浮遊させる地球儀「マグネティックフロート」(10,500円)というのもある。これも欲しい。透明なボールに陸地が印刷された、地球の裏側が見える地球儀「シンプリシティ」(24,150円)もある。これも欲しい。

じつは本書は以上である。キレイなカタログ的な書籍だということだ。本書でじっくり地球儀を選んで、1玉買いたい人にぴったりの本だ。それにしても地球儀の数え方は1玉、2玉で良いのかなー。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事