『海辺の漂着物ハンドブック』

成毛 眞2009年07月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海辺の漂着物ハンドブック
作者:浜口 哲一
出版社:文一総合出版
発売日:2009-05-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ネット通販で買い物をすると信じられない失敗をすることがある。想像していたものと全く違うものが届いたりすることがあるのだ。『海辺の漂着物ハンドブック』もその1つだ。フルカラーとはいえ変形新書版で、わずか80ページである。

ビーチコーミングをするときに持ち歩きやすいようにとの配慮だろうが、薄すぎる本なのでメインであるはずの貝の種類もごく少ない。海遊びでおきまりのサクラガイもない。クモ貝もない。シャコ貝もない。なにしろサンゴがない。パイプウニもない。ビーチグラスはあるが陶器片はない。幸運のシンボルであるモダマも片隅での取り扱いだ。

そのわりには「街からきた人工物」として章が立っていて、季節の民族行事、生活用品、はきもの、手袋、おもちゃとボール、電化製品、缶などなどがそれぞれ1ページも使って紹介するのだ。はきもののページでは靴、長靴、ビーチサンダル、草ぞうり、下駄と説明付きの写真が掲載されていて、じつに丁寧だ。この章は丸ごと無用だ。

これで1200円もするのだ。自費出版の類なのかもしれない。本ブログは基本的に面白かった本を紹介するというスタンスなのだが、あまりにひどい本なので、あえて要注意本として紹介しておこう

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら