『英国男子制服コレクション』

成毛 眞2009年09月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国男子制服コレクション (制服・衣装ブックス)
作者:石井 理恵子
出版社:新紀元社
発売日:2009-08-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

あらかじめお断りしておくが、ボクにはその趣味はまったくない。昨日、本屋で買うときにレジで変な目で見られないかドキドキした。男子の制服フェチのおじさんなんて、目もあてられない。

とはいえこの写真本、チョーきれいだ。登場する男の子たちと男たちが、チョーかっこいいのだ。もちろん制服はチョーおしゃれだ。ページをめくりながらチョーチョーいっているおじさんは、やはりやばいのではないかと、おもわずまわりを見回す。

イートン校の制服はいわゆる燕尾服(テイルコート)だ。ヘンリー王子もここの卒業生なので、当然真正面からの全身写真で登場する。その次のページがチョーすてきだ。POPと呼ばれる特別な優等生が2人立っている写真だ。千鳥格子のトラウザーにテイルコート、カメラを向いている男の子のベストは赤地に大きな黒のドット、胸にピンクの薔薇を一輪つけている。顔もヘアースタイルもめちゃくちゃにかっこいい。

つぎのクライスツ・ホスピタルの制服はチョーユニークだ。というか、まるで中世の修道士だ。濃紺の丈の長い制服に、黄色の靴下を履いている。世界最古の制服だというのだ。その制服を着て、みんなで手を握り締め、前をキッと見ながら、どんどん行進している。昼メシの前にみんなでバンドを先頭に必ず行進するらしいのだ。このバンドのベース・ドラム担当はフェークの豹毛皮を着ている。

ハーロウ・スクールの日曜日の制服はトップハット、ボウタイ、テイルスーツにステッキで胸に赤薔薇だ。あはは。やばい。まじに、なんでオレはイギリス上流階級に生まれなかったんだろうと唸ってしまう。どんなにイギリスメシがクソまずくても、大学生でこのかっこができるのなら、イギリス人になりたいかもしれない。

お次はお馴染みのバッキンガム宮殿を守る近衛歩兵に続いて、王室騎兵、王立騎馬歩兵、海軍、空軍、軍楽隊などがどんどん出てくる。ここからの登場はおじさんたちなのでそれなりだが、制服はかっこいい。スポーツの章もあるのだが、これは余興だ。続く裁判官などの法曹関係者がかっこよい。というわけで、あっという間に最後のページということになる。

本書の欠点はお高いことだ。カラー部分が88ページしかないのに1600円もするのだ。1000円だったらイギリス制服男プチブームが起こったかもしれない。ともあれ、11月にはこの制服男たちが6000人も参加するパレードがロンドンのシティーであるらしい。11月になって本ブログのアップデートがなくなったら、イギリスで暮らし始めたと思ってください。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら