『透明標本』

成毛 眞2009年10月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~
作者:冨田 伊織
出版社:小学館
発売日:2009-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書は丸善日本橋店で買った。3階のレジ前に現物の透明標本が展示されていて、その脇に本書があったわけだ。その透明標本は手のひらに乗るほどの小さいものなのだがスゴい。骨格や体組織が青、赤、紫などの蛍光色に染め分けられているのだ。これは百聞は一見にしかずの見本である。残念ながらボクには文章で説明できるような力はない。

奥付によれば著者の職業は「透明標本作家」だ。さもありなん。これは美術品でもある。ともかくオフィシャルサイトをご覧いただきたい。ちなみに著者は今年25歳だそうだ。これからが期待できそうだ。

http://www.shinsekai-th.com/


透明標本のきせかえケータイもある。

http://www.creatorsbank.com/portfolio/diary/?id=nana0080&year=2008&month=11&day=6

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら