『芸術新潮』2009年11月号「冷泉家のひみつ」

成毛 眞2009年11月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芸術新潮 2009年 11月号 [雑誌]
作者:
出版社:新潮社
発売日:2009-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今月号はお買い得だ。これで1400円は安い。素晴らしい写真と文章による冷泉家と家宝についての特集だ。現在、東京都美術館で開催されている「冷泉家 王朝の和歌守展」とリンクした特集なのだが、東京在住の人にとってもこの号を読むだけで満足してしまいそうだ。

ともかく美しい。定家の「拾遺愚草」も美しいが、俊成の「日野切千載集」には圧倒される。まさに「仮名のきわみ」だ。すらすらと読めるわけではないのだが、かな文字の絵画的なリズムに感動してしまうのだ。

紙もまた素晴らしい。「素性集」や「時明集」に使われている和紙など本当にキレイだ。この号ではそれらを単に掲載・解説しているだけではない。冷泉家の製本についてイラストで説明したページなども用意されている。

「冷泉家25代早わかり絵詞」は9ページにわたって山口晃画伯が担当している。歴代冷泉家集合図「冷泉家御歴代御組合はせの図」や『すずしろ日記』風の「冷泉家の起こり」などが入っている。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら