『大人げない大人になれ!』 

成毛 眞2009年11月22日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人げない大人になれ!
作者:成毛 眞
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2009-11-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新刊自著の紹介-自信作です-いくつかの章を丸ごと抜き書きしてみます



■失敗しないためのただ一つの方法

 挫折や失敗を知らない人はダメだと言われることがあるが、私はそんなことはまったく信じていない。私自身これまでに挫折をしたことはないし、これからもしたくはない。それでも自分がダメだとは決して思わないのだ。

 マイクロソフトで部長をやっていたとき、ある人から「君は失敗をしたことがあるか」と聞かれたことがある。正直に「ない」と答えたところ、「それじゃあダメだ、挫折すると人間は大きくなるからね」と言うのである。この人に言わせれば、挫折することで人間は成長するということらしい。

 これにまったく納得のいかなかった私は、放っておけばいいのに食って掛かってしまった。偉そうなこいつの鼻を明かしてやろうという気持ちもあったかもしれない。そのときは、だいたい次のようなことを言ったと思う。

「挫折をしなければならないというが、そもそも人間は死ぬまで成功している方がうれしいはずだ。失敗を自ら望む人などいない。一方で、人は必ず失敗するとしても、それは自分が失敗と認識してしまうからだ。それならば自分で失敗だと考えずに、ずっと成功していけると思っていたほうがいいだろう。あなたは成功し続ける人間と失敗する人間のどちらになりたいのか」

 こう言うと、途端にこの人は考え込んでしまった。そして仕舞いには納得してしまったようで、「そうだよね」とうなずき始めたのだ。おそらく、とくに自分の考えがあるわけでもなく、道徳的な説教を垂れたかっただけなのであろう。この時は、こうした精神訓話のような考えこそが人を腐らせるのだと恐ろしく感じたのである。

 ところで、昔からサラリーマンの成功の条件は「ウン・ドン・コン」だと言われる。運と鈍感と根性である。この中でも鈍感であることは、相当に重要な要素であると思う。にぶければにぶいほどいいのである。

 感覚が鋭い人は、小さな失敗にもいちいち落ち込んでしまう。その一方で、成功にも敏感だから小さな成功に酔ってしまうのである。これでは大きく成功する前に満足してしまうから、大成しないのだと思う。

 その逆に鈍感な人は、失敗を失敗とも思わないから挫折せず前向きでいられるし、小さな成功では満足しない。こうした人こそが、自分の納得できるところまで突き進み、大成功を収めることができるのだ。

 では、自分が鈍感になるためにはどうしたらよいか。月並みな表現だが、それは、より大きな刺激を受けることである。強い刺激を受けると自分が持つ感度の上限と下限が広がっていくから、小さなことでは失敗とも成功とも感じなくなるのである。

 たとえば私の場合、子供の頃最初に読んだ小説である『水滸伝』のダイナミズムに衝撃を受けた。国を打ち倒すために梁山泊に集う108人の英雄が、次々と敵を倒すというスケールの大きさに惹かれたのだ。こうした感覚を根底に持つと、ビジネスにおいて多少の失敗か成功をしたところで、何でもないように思えてくる。

 また、こうした内面的な刺激よりも、表面的な刺激の方がもっと効果的ではないかと思う。たとえば、100メートルのバンジージャンプをして死ぬような思いをするのもいいだろう。旅行でもパリのような観光地ではなくモンゴルやブータンなどに行って、まったく違う生活環境に衝撃を受けるのもいいかもしれない。これは単に脳へのインパクトの問題のはずだから、イージーな体験でもいいのである。

 もし、失敗しないための方法があるとすれば、このように自分に大きな刺激を与えて、感覚のセンサーをバカにしてしまうことがいい。自分が失敗と認識しなければ、それは失敗ではなく、いつかは成功につながっていくのである。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら