『ルワンダ中央銀行総裁日記』

成毛 眞2009年12月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)
作者:服部 正也
出版社:中央公論新社
発売日:2009-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

f:id:founder:20091202222720j:image

kiokadaさんからいただいたコメントに対するレスポンスである。本書は20才の時に読んだ。読了後、日銀に入りたいと熱望した、外務省でももちろん良いと思った。しかし、学力が全くついていかなかった。本当に悲しかったのは覚えているが、結局すぐ忘れて別の本を読んでいたのだろう。もちろんお会いしたことはないが、服部正也さんはいまでもボクのヒーローである。

1965年のルワンダに家族とともに中央銀行総裁として就任した著者は、「はじめに」で本書を書く理由として、ルワンダ経済の発展過程を紹介するということだけではなく、「アフリカ諸国に対する日本人の感心が、もっぱら資源とか市場をかの、現実的な利益を中心としており、国民というものに対しては、あまり考慮が払われていないことに対する危惧」だというのだ。

恐るべき言葉だ。30年たっても全くあてはまるし、中国などはまだそのことに気付いていない。本書の若干でも読み直すだけで、kiokadaさんのいうように、確かにアフリカをまだ見捨ててはいけないと確信できる。もちろん『キリマンジャロ』の石先生も本当に見捨てているわけではないと思う。

このころの中公新書はシュタイナー学校を描いた子安美知子の『ミュンヘンの小学生』や上山春平の『神々の体系』などが記憶にある。たぶん、中高生のときに読んだ会田雄二の『アーロン収容所』が中公新書との付き合いの始まりである。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら