『WORKERS』

成毛 眞2010年01月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Workers: An Archaeology of the Industrial Age
作者:Sebastiao Salgado
出版社:Aperture
発売日:1993-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

昨日、NHKの新日曜美術館の再放送を見ていた。「極限に見た生命(いのち)の美しさ 写真家セバスチャン・サルガドー」である。最初からポカンとしてテレビの映像を見ていた。あまりにインパクトが強い。写真というより絵画である。報道写真でもあるのだが、間違いなくアートでもある。

番組ではとりわけ、ブラジルのセーラ・ペラーダのガリンペーロの写真がすごかった。金鉱が入っているかもしれない土が詰まった袋を背負って、崖をよじ登る無数の屈強な男たち。安っぽい同情など感じさせない凄みがある。ローマ時代の奴隷を描いた映画よりもはるかに過酷と思われる現実の労働がそこにある。

あわてて本書を注文した。内容は新日曜美術館が軽いパンフレットだと思えるほど充実したものだった。1993年に出版された本書のために、サルガドはどのくらいの時間を使ったのだろう。おそらく人生すべてと答えるに違いない。戦場を駆けることで有名になったカメラマンたちよりも危険で厳しい取材人生だったと思わせる迫力がある。

ところで熱帯の農業を撮った写真をみて、『チョコレートの真実』を思いだした。先進国の子供たちが小遣いで買えるチョコレートを作るために、多くの途上国の子供たちが命がけで一日中働いているのだ。このような事実の前でなにもしないで、小沢対特捜検察などという茶番を見続けている自分に腹が立つ。

ちなみに本書のアマゾンのシッピング重量は6.8ポンド、つまり3キロだ。厚み約5センチのこの巨大本。30年後の子供たちはこの本を持っている親を誇りに思うであろう。30年後、貧するものはデータのみを持ち、富めるものは実体を持つであろう。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら