11月の今月読む本  その1

東 えりか2012年11月08日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

* サーバーメンテナンスに時間がかかり、ご心配とご迷惑をおかけしました。鋭意修復中です。

ここ数日、不具合が起こる可能性もありますが、ご寛恕くださいますようお願い申し上げます。

祝!『ノンフィクションはこれを読め!』増刷。
ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2012-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

発売から約10日という信じられないようなスピードで増刷が決まりました。企画段階では「ノンフィクションの書評本なんて売れるはずがない」と周りの反応はニベもないものでしたが、おかげさまで評判も上々。引き続き、年末休みの本選びのお供に、よろしくお願いします。

さて、11月の朝会。日が昇るのがずいぶんと遅くなり、遠くのメンバーは真っ暗なうちに家を出る季節となった。大統領選挙はオバマの勝利で終わったが、ニコニコ動画でこの様子を配信したスタッフのひとりに山本尚毅がいる。当然今日はお休みだ。もう一人、久保洋介は会社の研修で欠席。大阪の仲野徹と愛知県の鰐部祥平のふたりはスカイプで参加。刀剣マニアの鰐部の部屋には、刀掛台にかかった何振りもの立派な刀が見え、みんな興味津々で見入っている。

ゲストにはHONZで紹介された本を高く買い上げてくれる、と宣言したフルイチオンラインの森崎さん。

まずは出張先のアイルランドから帰国したばかりの足立真穂

月の名前
作者:高橋順子
出版社:デコ
発売日:2012-09-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この「名前シリーズ」の最初はなんだったろうねえ、と記憶をたどると確か『宙の名前』じゃなかっただろうか。最初の版元はつぶれたんだよね、と業界内に詳しい土屋が話す。

比較で読み解く 中国人とインド人
作者:富坂 聰
出版社:講談社
発売日:2012-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

クーリエに連載していたもののまとめ。人口問題が主なのかな。

ひとはなぜ服を着るのか (ちくま文庫)
作者:鷲田 清一
出版社:筑摩書房
発売日:2012-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

モードによって人の体はどう変わるか。似合うとか似合わないってどういう感覚なんだろう。

いよいよ就活に突入する刀根明日香

自由でいるための仕事術
作者:森永 博志
出版社:本の雑誌社
発売日:2012-08-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

組織に属さない、主に職人たちへ取材したもの。学生から見るとかっこよく見えるらしい。「なれるもんならなりたい」とつぶやく声が聞こえた。

メルマガ担当者の井上卓磨。毎日誰かに怒られている。

エネルギーの物理学 ---力学、熱力学から統計力学まで (KAWADEルネサンス)
作者:砂川 重信
出版社:河出書房新社
発売日:2012-10-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

大学で専攻していた分野だが、常に一夜漬けだったので改めて読みたい、って大学院まで行って一夜漬け?と猛攻撃をくらう。

日本の聖域 (新潮文庫)
作者:
出版社:新潮社
発売日:2012-10-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「選択」という雑誌があって…と説明し始めるので、「みんな知ってるよ」とカットオフされる。

社会人になったばかりだから知らなくても仕方がないよね。

地政学とは何か (叢書「世界認識の最前線」)
作者:クラウス・ドッズ
出版社:エヌティティ出版
発売日:2012-10-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「地政学とは地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響を巨視的な視点で研究する学問のこと」だそうだ。

内藤、高村がカブった。

風邪気味でひどい声の栗下直也。マスクでガード。

韓国窃盗ビジネスを追え: 狙われる日本の「国宝」
作者:菅野 朋子
出版社:新潮社
発売日:2012-10-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

スカイプの鰐部から「あっ!」という声。へへへ、と笑う栗下。日本の盗まれた古美術が韓国国内で高値で売られていらしい。

子育て主夫青春物語「東大卒」より家族が大事
作者:堀込 泰三
出版社:言視舎
発売日:2012-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本当にそうしようと思っているらしい栗下。

ヘンな特許100連発
作者:
出版社:鉄人社
発売日:2012-10-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「今月のコンビニ本!」と勝手にコーナーを作っている。自分で自分のお尻を叩く機械とか、珍妙なものがずらり。朝に不向きなもの、多数。

2か月休んでいた鈴木葉月。おニューの“本”デザインされている風呂敷を持って登場。

統計データはためになる!  ~棒グラフから世界と社会の実像に迫る~
作者:本川 裕
出版社:技術評論社
発売日:2012-09-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今回、一番笑いを取った本!様々なデータをすべて棒グラフにして読み解く、という不思議な本。何がなんでも棒グラフ。女性に体のどこにセクシーさを感じるか、という国別アンケートも棒グラフ。ちなみにギリシャはお尻。

金属が語る日本史: 銭貨・日本刀・鉄炮 (歴史文化ライブラリー)
作者:齋藤 努
出版社:吉川弘文館
発売日:2012-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

堂々と鰐部に挑戦状をたたきつけた一冊。紹介したもの勝ちなので、ちょっとほくそ笑んでいる。

やせる! (光文社新書)
作者:勝間 和代
出版社:光文社
発売日:2012-10-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「それ以上痩せたら死んじゃうよ」と言えば「私は痩せることを考えたことがない」と言い切る。その気持ちが知りたいらしい。ケンカ売ってんのか、あー?

フェイスブックを見ると、奥さんとどこへ行ったか一目でわかる村上浩

食欲の科学 (ブルーバックス)
作者:櫻井 武
出版社:講談社
発売日:2012-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ブルーバックスらしいテーマだこと。食欲とはどこで感じるのかを研究した本。説明も複雑で、土屋から「途中からぜんぜんわからないよ」嘆かれていた。

平謝り―K‐1凋落、本当の理由
作者:谷川 貞治
出版社:ベースボールマガジン社
発売日:2012-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

格闘技の好きな村上らしい選本。K-1華やかなりしころ、テレビの解説者として名を馳せていた著者が、凋落の原因を語る。

シークレット・ウォーズ
作者:ロネン バーグマン
出版社:並木書房
発売日:2012-10-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

監訳の佐藤優の名前が一番大きいのが可笑しい。イラン、モサド、CIAの30年に渡る戦争の内幕。

山本尚毅に頼まれ、昨日はアメリカ大統領選のニコ動に出演した麻木久仁子

江戸の読書会 (平凡社選書)
作者:前田 勉
出版社:平凡社
発売日:2012-10-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本を見たとき、麻木さんがやってくれるといいなあと思った。

伏見宮─もうひとつの天皇家
作者:浅見 雅男
出版社:講談社
発売日:2012-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

現天皇家とは違う宮家で、皇籍離脱した旧皇族のほとんどは伏見宮系だったとか。新たな視点で見る日本の天皇制。

年に何回か食べたくなるチキンラーメン。これをアレンジしたレシピが満載。

多忙と老化(?)のために、腕の痛みが消えないと嘆く成毛眞

ダイヤモンドは超音速で地底を移動する (メディアファクトリー新書)
作者:入舩徹男
出版社:メディアファクトリー
発売日:2012-10-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

地底奥深くで作られたダイヤモンドがどうして地表近くで見つかるのか、という謎を解く。

地図で読む昭和の日本: 定点観測でたどる街の風景
作者:今尾 恵介
出版社:白水社
発売日:2012-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

わ、カブった、と仲野先生。地図ものは東京が主のものが多いが、これは日本全国。成毛が大好き、図版がいっぱい。

「快楽の園」―ボスが描いた天国と地獄 (ビジュアル選書)
作者:神原 正明
出版社:新人物往来社
発売日:2012-08-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ヒエロニムス・ボスという天才画家の代表作を読み解く。

ノリノリで岡田斗志夫さんとの対談を終えた仲野徹

島へ免許を取りに行く
作者:星野 博美
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2012-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

多くのファンを持つ星野博美の新刊。ちょっと軽め・

著者は東京大学からオックスフォード大学に移った教授。いかに日本の大学のシステムガダメかを語る。

Medicine: 医学を変えた70の発見
作者:
出版社:医学書院
発売日:2012-09-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

センセイの講義用ネタ本。不治の病への治療法は興味深い。

何があるのか珍しくスーツ姿の土屋敦。この夏、かなり痩せたらしくちょっと肩が落ちている。

プレミアムテキーラ
作者:マルコ ドミンゲス
出版社:駒草出版
発売日:2012-09-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

HONZ夜会の最後は、このお酒の一気飲みになるらしいが、私は付き合ったことがない。

マオノミクス: なぜ中国経済が自由主義を凌駕できるのか
作者:ロレッタ・ナポリオーニ
出版社:原書房
発売日:2012-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

中国経済を論じる本は最近たくさん出ているが、これはかなり強力な一冊。

人生で少なくとも一度はミラノでしておきたい101の事柄
作者:ミコル・アリアンナ・ベルトラミーニ
出版社:幻冬舎ルネッサンス
発売日:2012-10-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

実際ミラノに住んでいるイタリア人の情報を翻訳した本。一度は行ってみたい。

サーバー移行の責任者のため、この1週間、ほとんど寝てない内藤順。大声を出しているがカラ元気。

どうして宇宙酔いは起きる? (宇宙空間と人体メカニズム I)
作者:森 滋夫
出版社:恒星社厚生閣
発売日:2012-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

鯉を宇宙空間に連れて行くと、酔うらしい。乗り物酔いとどう違うのか。この本、けっこう高いなあ。

ソーシャル・エンジニアリング
作者:クリストファー・ハドナジー
出版社:日経BP社
発売日:2012-11-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ハッカーや詐欺師はどうやって人をだますのか、というメカニズム。人を操るとはどういうことか。

あなたはなぜ「嫌悪感」をいだくのか
作者:レイチェル・ハーツ
出版社:原書房
発売日:2012-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

人によって嫌悪感を感じる部分は違っている。それはなぜなのか。

HONZ本の重版が決まってひとまずほっとした東えりか

色気も濃すぎちゃ 野暮でげす
作者:扇 よし和
出版社:晶文社
発売日:2012-11-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

小唄を粋に歌えるようになりたい。扇派二代目家元が語る小唄のあれこれ。

ゾンビ襲来: 国際政治理論で、その日に備える
作者:ダニエル ドレズナー
出版社:白水社
発売日:2012-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

もし今、ゾンビが世界を襲ったら世界はどうなるのか。国際政治理論でその日に備えるという至って真面目な本。

新版 大阪名物: なにわみやげ
作者:井上 理津子
出版社:創元社
発売日:2012-10-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

文楽に嵌り、年に数回大阪を訪ねる私は、前作をボロボロになるまで携帯していた。著者の一人はあの『さいごの色街、飛田』の著者である。

朝会会場のd-laboにHONZで紹介された全タイトルを納入した田中大輔

芸術家たちの臨終図鑑
作者:平松 洋
出版社:新人物往来社
発売日:2012-09-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

画家には詳しくないそうだが、亡くなった後に有名になった人たちの話などお面白そうだ。

ロスジェネ心理学―生きづらいこの時代をひも解く
作者:熊代 亨
出版社:花伝社
発売日:2012-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

まさにその世代ドンピシャリの田中。同世代が何を考えているのか知りたいそうだ。

プリンセス願望には危険がいっぱい
作者:ペギー オレンスタイン
出版社:東洋経済新報社
発売日:2012-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

可愛い装丁だが、子どもの頃、お姫様を夢見てはいけないみたいだ。

自宅では普段メガネをかけているという鰐部祥平。まったく印象がちがっている。

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極
作者:角幡 唯介
出版社:集英社
発売日:2012-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

かなり意欲的に執筆をつづける大人気のノンフィクション作家、角幡唯介の新刊。

吉原夜話 (青蛙選書)
作者:喜熨斗 古登子
出版社:青蛙房
発売日:2012-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

実際に吉原があったころの体験記を復刊したもの。資料としても貴重。

文明は暴力を超えられるか
作者:山内 進
出版社:筑摩書房
発売日:2012-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

暴力によって文化が押さえつけられている例をいっぱい見ているから、どうなんだろう?

早稲田大学ビジネススクールでの講義に続き、B&Bのトークショウでも講義が大評判だった高村和久

ニコ生ナックルズ
作者:
出版社:ミリオン出版
発売日:2012-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

実話ナックルズ編集部がニコニコ生動画で語った禁断の内容。面白いけど書評しにくそうだ。

コケの自然誌
作者:ロビン・ウォール・キマラー
出版社:築地書館
発売日:2012-10-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

アメリカにはネイチャー関係のジャーナリストがいっぱいいる。本書の著者はネイティブ・アメリカンで、コケから見える文化を論じる。

儲かる農業 -「ど素人集団」の農業革命-
作者:嶋崎 秀樹
出版社:竹書房
発売日:2009-07-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ドシロウト集団が新しい発想で始めた農業。実際相当儲かっているらしい。

このところ得意分野の美術や芸術家の本が、他の人にレビューされて少し焦っている新井文月

ヘンな日本美術史
作者:山口 晃
出版社:祥伝社
発売日:2012-11-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

すでに先日レビュー済みだが、大和絵を現代風にアレンジして描き、人気の高い画家が語る歴史。相当ぶっとんだ人らしい。

続・群馬の逆襲 (笑う地域活性化本)
作者:木部 克彦
出版社:言視舎
発売日:2012-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ぐんまのやぼう、というゲームまである人気の逆襲シリーズの続巻。ちなみ新井は群馬出身。

バサラ武人伝: 戦国~幕末史を塗り替えた異能の系譜
作者:永岡 慶之助
出版社:学研パブリッシング
発売日:2012-08-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

南北朝時代に登場したバサラという華美な武士たち。目立ちたい奴はいつの時代でもいるもんだ。

ちょっと遅刻してきた深津晋一郎

訣別 ゴールドマン・サックス
作者:グレッグ・スミス
出版社:講談社
発売日:2012-10-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

2000年に入社し20代後半でバイスプレジデントとなった著者の回顧録。

「アラブの春」の正体    欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
作者:重信 メイ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2012-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

重信房子の娘、メイが著したあの革命の裏側。意外にも成毛がこの本を存在を知らなかった。

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦
作者:角岡 伸彦
出版社:講談社
発売日:2012-10-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

70年代の同和対策を利用した飛鳥会事件の真相。

と、今日はここまで。

トークショウやインタビュー、取材などお気軽にお問い合わせください。

担当は井上卓磨 inoue@honz.jp

その2は近いうちにUPします。まだまだ面白そうな本をいっぱい紹介します。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら