『活字探検隊』

成毛 眞2010年01月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
活字たんけん隊――めざせ、面白本の大海 (岩波新書)
作者:椎名 誠
出版社:岩波書店
発売日:2010-01-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

かつてボクは椎名誠編集の『本の雑誌』を第1号から買っていた。創刊はボクが大学2年の時だったと思う。じつは一回だけ読者欄に投稿したことがある。「本そのものの書評も良いけれど、帯の評論も面白いと思う」という内容だった。そのまま第3号に掲載された。編集長から「成毛さん、そりゃ面白い。一緒にやりましょうよ」と、その投稿にコメントがついていた。もし、それに応えていたら間違いなく「本の雑誌社」に就職(助っ人)していたような気がする。ぜんぜん違う人生になっただろう。まちがいなく「東ケト会」には入っていたな。

さて、本書はその椎名誠の4冊目の岩波新書「本の本」だ。16章に分けて面白本を面白く紹介している。博物誌、旅、風、言葉、クソ、未来などに分けて、エッセイ仕立てで本を紹介していく。この軽妙さはプロの業だ。

本書に掲載されている本で、ボクも良いと思った本が何点かある。全部ではないけれど紹介してみよう。

『さまよえる湖』ロプノールだ。じっさい、現地に行ってみたことがあるほどだ。

『イブの7人の娘たち』ミトコンドリア・イブ仮説の本。案外、固い本だった記憶がある。

『口のきき方』ヘンテコ若者言葉の本。北海道出身者としては不思議な気がする。

『カワウソと暮らす』カワウソとの友情というか、とんでもなく美しい自然。

『地球生活記』地球上のいろいろな家の写真集


本書を読んでいて、これは面白そうだと思った本も何点かある。

『ネパール・チベット珍紀行』やばい。こりゃ、めちゃくちゃ面白そうではないか。

『レナ川 白夜航路4000キロを行く』椎名誠推薦だと、冒険ものが多くなる。

『アマゾン河』もしかしたら読んだことがあるかもしれない。たぶん、読んでるな。

『信じられない航海』椎名誠をしてとんでもない冒険譚というのだから、すごいにちがいない。

『九龍城探訪』大判の写真集だ。怖いもの見たさだ。

で、この5冊はもうアマゾンに発注した。1円から5000円まで、すべて絶版だった。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら