『その英語 ネイティブはカチンときます』

成毛 眞2010年03月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
その英語、ネイティブはカチンときます (青春新書INTELLIGENCE)
作者:デイビッド・セイン
出版社:青春出版社
発売日:2010-02-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

このところあまり面白い読み物に出くわさない。しかたがないので新書コーナーをすこし浚ってみたら、本書を発見した。この本は使える。対象は完全な初心者というよりも、ある程度話すことができる人、英語を使う環境にいる人などであろうか。とりわけネイティブでもないのに、外資系企業に勤めている人にとっては必読書かもしれない。

じつは英語にも丁寧な言い回しや乱暴な言い回しがある。ある程度の英語を話せるようだが、ヒドイ言葉づかいをしている日本人をときどき見かけることがある。英語なんて意味が伝われば良いではないかというのは、ネイティブを上司に持ったことのない人のお話だ。

本書から少し引用してみよう。たとえばオフィスで「ちょっとお話したいことがあるんですが」というときだ。「We need to talk」では「話がある」となってしまう。これは上司が部下にクビを言いわたすときに使うような言い方だ。上司に対するもっとも丁寧は言い方は「Could I have a minute of your time?」だ。もはや「話す」などという単語すらつかわない。本書ではその二つの文例の間に5つの中間的な言い方を例示する。

本書ではこれ以外に「あいづちを打つ」などの簡単な事例から、パーティで「楽しかった」というときの表現、上司からプロジェクトを頼まれて「なんとかします」というときの言い方、「お静かに願います」というようなパブリックへの言葉づかいまで、50余りのシチュエーション別に解説されている。

ちなみに「あいづちを打つ」の項では、最もポジティブから最も愛想のないあいづちまで7段が例示されている。順に「Oh,I see」「Oh,I know」「I see」「Yeah」「I know」「I know that」「Yes,yes」だ。「Oh」をつけるだけでこれだけポジティブの度合いが上がるのだ。英語の不思議でもある。

ところで、部下を叱るときにもっとも軽く叱る例は「Again?」だが、最もきつく叱る例は「You idiot!」だ。ボクもアメリカ人の部下に対して「You idiot!」を使ったことがある。しかし、アメリカ人の上司からは、もっととんでもないことを言われていた記憶がある。まあ、この場は叱るというより喧嘩だから、このような事例は本書にはない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら