『ん 日本語最後の謎に挑む』

成毛 眞2010年02月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)
作者:山口 謠司
出版社:新潮社
発売日:2010-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

帯には「日本橋は、なぜNihombashiと書かれているのか?」「日本語最大のミステリーを解く!」とある。帯の裏にも「西洋人は『んー』が大嫌い」「古事記には『ん』はなかった「「空海も創造主のひとり」などなどじつに面白そうなコピーが並んでいる。しかも、本のタイトルは直球勝負で『ん』これで売れないわけがない。

ところだ。本書はじつに難しい。よほどこの分野に高い関心を持っている人でなければ、読み進むことができないかもしれない。ボクの場合は30ページくらいだった。唯一つ理解したのはカタカナの「ン」という文字は梵語がもとになっているということだ。ひらがなの「ん」については「初出は元永本の『古今和歌集』であるといわれている」というだけだ。結局、この素人がもっとも知りたい謎については、謎のまま通り過ぎてしまうことになる。

新潮社新書編集部の力量発揮の本と言っておこう。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら