『未来への周遊券』

成毛 眞2010年03月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
未来への周遊券
作者:最相 葉月
出版社:ミシマ社
発売日:2010-02-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

著者のお2人には大変失礼なのだが、本書こそトイレにおいておきたい本はない。2008年から産経新聞に連載されていた往復書簡をまとめたものだ。見開き1ページに1通の書簡が収められている。本書を一気に読むことをおすすめしない。それゆえにトイレにぴったりの本になのだ。

『パラサイト・イヴ』で鮮烈にデビューした瀬名秀明と、『星新一』で多くの賞をとった最相葉月のコンビだから科学・技術・SF好きにとって楽しくないわけがない。あらゆる話題が書簡形式であるがゆえに、柔らかい言葉で語られる。

黄砂、レッドスプライト、マイクロスラスター、シャベロンなど魅力的な先端科学が語られる日もある。『おさるのジョージ』のH・A・レイや『ピーターラビットのおはなし』を語る日もある。瀬名が習得中の飛行機操縦と最相が見に行った自転車レースの日もある。

往復であるからテーマがゆっくりと変化していく。過ぎていく時間を読むという不思議な感覚を味わえる。デザイン・装丁ともに素晴らしい。帯をつけたままにしておいたほうが美しい本だ。ただし「未来を周遊するブックガイド」はタイトルが誇大である。「書簡で引用された本」とするべきだ。そのほうが本書の控えめな美しさにお似合いだからだ。

版元は「自由が丘のほがらか出版社」ことミシマ社だ。サイトがかなり面白い。営業チームが「汗と涙のじみち日記」を付けている「拝啓、母上殿。僕頑張ってます」がタイトルだ。あはは、笑える。今後が期待できる出版社だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら