『ボーイング777機長まるごと体験』

成毛 眞2010年06月25日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーイング777機長まるごと体験 成田/パリ線を完全密着ドキュメント (サイエンス・アイ新書)
作者:秋本 俊二
出版社:ソフトバンククリエイティブ
発売日:2010-06-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

毎月最低1冊はサイエンス・アイ新書を買ってしまう。今月はこの本だ。ボーイング777という最新機種を取り上げたことを別にすると、過去になんども登場した企画である。しかし、つい買ってしまったのは「成田/パリ線を完全ドキュメント」という副題がついていたからだ。もし、これが成田/ニューヨークだったら買わなかったかもしれない。JALのジャンボジェットのイメージだ。

内容は知っていたことばかりである。出発準備、離陸・上昇、巡航、進入・着陸と時系列に分類された軽い旅客機読み物だ。例のごとくカラー写真が1ページに1枚の割合で使われているため、文章とは別のイメージが湧いてくる。久しぶりに旅行に出ようかという気になる。編集に協力したとされるANAのビジネスクラスが進化していることに気づかされた。そういえば、15年近く日本の航空会社で渡航したことはない。

日本の航空会社のサービスには「ねっとり」とした印象があって、これからビジネスで戦いに行くとか、いっぱいいっぱいのスケジュールで組んだミュージアム廻りなどの前奏曲には向いていなかった。とりわけJALには、1990年に終了した「兼高かおる世界の旅」や、1994年に終了した「城達也のジェットストリーム」そのままの雰囲気がいまも残っているような気がする。実際はどうなのだろう。いまだに妙チクリンなJAL英語で機内アナウンスしているのだろうか。

ともあれ、著者にはまことに申し訳ないが、海外旅行に行くときに成田で暇つぶし用に買って、渡航先で捨ててくるタイプの本かもしれない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら