『音楽嗜好症』 NODE No.11 掲載

成毛 眞2010年11月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽嗜好症(ミュージコフィリア)―脳神経科医と音楽に憑かれた人々
作者:オリヴァー サックス
出版社:早川書房
発売日:2010-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
NODE no.11―アートと社会をつなぐ 特集:“アートフェア”はお好きですか?
作者:
出版社:美研インターナショナル
発売日:2010-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「NODE」は アート雑誌である。この雑誌の「ビジネスに効く、非ビジネス本」という書評欄を担当している。


著者のオリヴァー・サックスは現役の脳神経科医であり、アカデミー賞ノミネート映画「レナードの朝」の原作者だ。レナードの朝では治療不能な難病「嗜眠性脳炎」の患者とその主治医が主人公だった。嗜眠性脳炎とは30年以上も眠り続けるという不思議な病気だ。映画になるまではほとんど知られていない病気だったが、本書にはさらに不思議な精神的症例が数多く登場する。しかも、そのすべてが音楽に関係するのだ。

最初に登場するのは、幸運にも落雷から生還した42歳の医師だ。この直後から医師は激しい音楽の波に飲み込まれる。突然のピアノ音楽に対する渇望からレコードを買い集め、ピアノの練習をはじめ、ついにはコンサートデビューし、ピアノ曲を作曲して喝采を浴びてしまう。音楽の才能とは先天的・後天的をとわず天賦のものかと考えさせられる。

ある特定の音楽を聞くと癲癇(てんかん)を起こす患者たちも登場する。規則正しいリズムに反応するのではない。たとえば、ナポリ民謡にだけ反応して発作を起こすのだ。あくまでも、「音」ではなく「音楽」によって引きおこされる症状なのである。このような発作は高度な知的レベルで起こっているのだ。

いっぽうで、重度な音痴とも表現できそうな「失音楽症」に悩むひとも登場する。複数の音が重なるとまったく認識できなくなる症状だ。ある教師は国歌が流れてきても認識できず、ほかに人が立ち上がるまでわからないという。交通事故後に突然ハーモニーが認識できなくなったプロの音楽家もいる。

もちろん音楽サヴァン症候群も登場する。サヴァンとは知的障害や自閉症障害をもちながらも、常人には及びもつかない特殊な能力をもつ人たちのことだ。たとえば2000曲以上のオペラのすべての楽器の楽譜を記憶しているひとがいる。

本書は29章で構成された大部である。病的な音楽好きで知られるウィリアムズ症候群や、音に色がついて「見える」共感覚など、すべての章で驚くべき事実が紹介されているのだ。音楽はかくも人間の精神と不可分な存在なのである。

いっぽうで視覚アートの世界では、わがゴッホやムンク、山下清も精神的・知的障害があったことが知られている。芸術を媒体とすると、正常と非正常の境界線はじつに曖昧なのだ。残念ながら視覚アートの世界では本書のような著作は見当らない。しかし、アウトサイダーアートなどをビジネス化するときには、心にとめておくべきことであろう。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら