『本は、これから』

成毛 眞2010年11月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本は、これから (岩波新書)
作者:
出版社:岩波書店
発売日:2010-11-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書は37人の本好きが寄稿したオムニバスだ。編者は作家の池澤夏樹である。ランダムに名前を挙げてみてもじつに多士済々である。吉野朔実(漫画家)、写真家の石川直(写真家)、今福龍太(文化人類学)、岩盾幸雄(幸福書房店主)、上野千鶴子(社会学)、五味太郎(絵本作家)、最相葉月(ノンフィクションライター)、土屋俊(哲学)、四釜裕子(編集者)などだ。もちろん鈴木敏夫、池上彰、紀田順一郎、内田樹などの一般的に知名度の高い人も寄稿しているし、当然のことながら松岡正剛も書いているのだが、本質的に人選がじつにシブい。

その中で一人だけネットワーク外部性などという理屈をもちだして、浅学菲才を隠し通そうとしている寄稿者がいる。なにもグーグルは怖くないなどということを、怪しげなWindowsの例などを引き合いに説明する必要もないはずだ。ともあれこの寄稿者は原稿を書くときに手が震えていた。なにしろ岩波新書とは中谷宇吉郎の『雪』である。白川静の『漢字』である。そもそも新書の形式は岩波新書から生まれたのだ。他の新書には悪いが、岩波新書に書けるのは名誉なのだ。とはいえ、それを名誉だと思っているのは少数派になってるかもしれない。ふふふ。でも嬉しいのだ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら