12月の今月読む本 その2

東 えりか2012年12月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い。骨身にしみて寒い。11月の半ばまで半袖で過ごしてもいいような気候だったので、師走に入ってからのこの気温は堪える。その上、やはりなんだかんだと忙しい。お師匠さんもHONZも走る12月、である。

いや、すみません。今月読む本その2をUPしなかったいいわけです…通常より数日遅れました。

サラリーマンのメンバーはいつも9時ぎりぎりまでいるのだが、さすがに今月は早退も多い。

2周目は展示会場へあたふたと出かけて行った村上浩から。

美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか
作者:会田 誠
出版社:幻冬舎
発売日:2012-11-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

天才アーティストのエッセイ集。この人の文章はとてもきれいだと思う。

高村和久

中原淳一 美と抒情
作者:高橋 洋一
出版社:講談社
発売日:2012-11-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

少女画といえば中原淳一。こういう少女の絵を見ると、昔の塗り絵を思い出す。

土屋敦

朗読ダイエット
作者:ドリアン 助川
出版社:左右社
発売日:2012-11-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ドリアン助川が実践した朗読ダイエット。本気でやってみようかな。

見てすぐできる! 「たたみ方・折り方」の早引き便利帳 (青春新書PLAY BOOKS)
作者:ホームライフ取材班
出版社:青春出版社
発売日:2012-09-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「僕は幼いころから洗濯物を畳み方を母に教わった」とさりげなくいい子ぶりを披露した土屋。でもこれはとても便利そうだ。

東 えりか

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
作者:千松 信也
出版社:新潮社
発売日:2012-11-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

待望の文庫化。京大を卒業後、ワナの猟師になった著者。解体や料理法、自然界の掟など興味深い。

マインド・コントロール
作者:岡田 尊司
出版社:文藝春秋
発売日:2012-12-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「マインドコントロール」という技術を解説した本。

新井文月

先日のパーティの挨拶状をこのレトロ印刷で作ってもらったら、実に味のあるいいものになった。新井にデザインしてもらったのだが、彼も気に入ったようだ。

鈴木葉月

筆順のはなし (中公新書ラクレ)
作者:松本 仁志
出版社:中央公論新社
発売日:2012-11-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

麻木によると、テレビのクイズ番組の控室で、いちばん大騒ぎになるのがこの「筆順」について、だとか。さもありなん。

その1で鈴木のマスク姿のことを書いたら「風邪を引いたんじゃなくて予防のためです!」と強い抗議のメールがきたので、ここでお詫びして訂正します。しかし最近、マスクしたまま街頭インタビューとか銀行の窓口とかで答えている姿を見るのだが、ちょっと変だと思うのは私だけかしら?

田中大輔

「いや、僕はちがうんですけどねっ!」とまず否定してから紹介。『本当は恐ろしいグリム童話』の著者。

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)
作者:イケダ ハヤト
出版社:講談社
発売日:2012-11-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

麻木から「若いときゃいいのよ、それでも。でもね、年取ってから病気したらどうすんのよ」と珍しくきつい一言が。

刀根明日香

江戸のヒットメーカー: 歌舞伎作者・鶴屋南北の足跡 (ゆまに学芸選書)
作者:津川 安男
出版社:ゆまに書房
発売日:2012-11-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

それにつけても勘三郎さんの死が労しい。

深津晋一郎

独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則
作者:金出 武雄
出版社:日本経済新聞出版社
発売日:2012-11-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ロボットの世界的研究者が語るその発想と問題解決、説得のスキル。

麻木久仁子

交通新聞社ってときどき、ものすごく面白そうな本を出すので注目している。

内藤順

驚愕の人体実験でわかった体と心の不思議
作者:
出版社:鉄人社
発売日:2012-11-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「今月のコンビニ本!」と栗下がいないのを見計らって鉄人社の本。エグいけど吸い寄せられるように見てしまうこの手の本。

終了の9時に残っていたのはわずか9人。しかしここでは書けないような、出版、書店、芸能それぞれの業界裏話がさく裂し、刀根明日香の就職意欲を削いでいく。年末恒例「私の今年一番〇〇だった本」も致します。さて、今年もあとちょっと。もうひと踏ん張りしましょうか。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら