『TSUNAMI』ほか

成毛 眞2011年04月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TSUNAMI 津波 (集英社文庫)
作者:高嶋 哲夫
出版社:集英社
発売日:2008-11-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
作者:
出版社:新潮社
発売日:2006-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告
作者:新潟日報社 特別取材班
出版社:講談社
発売日:2009-01-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

『TSUNAMI』は2005年に書かれた小説だ。東海・東南海地震が同時に発生し、20メートル以上の津波が沿岸を襲うという物語だ。物語のなかで津波は原発におよび、メルトダウンを引き起こし、ヨウ素131等価で数万テラベクレルの外部放出でレベル7のダメージが予想される。(単行本の374ページに詳述)気味が悪いほど現実は小説の予測を追いかける。小説では原発の当直長が、全身のDNAがずたずたになることを知りつつ、炉心に近づき最悪の事態を防ぐ。

実際にDNAがずたずたになるとどうなるかは、1999年の東海村JCO事故の記録である『朽ちて行った命』が凄まじい。DNAがなければ、赤血球どころか皮膚も胃壁も朽ちるのみで、全身の外側と内側から血液も水分も流れ出つづける。確実に死に至るのだ。にもかかわらず、医師たちは大量の輸血をして被害者の延命をはかる。放射線直接被曝の怖さよりも、患者をただただ苦しめる延命の意味を考えさせられる本でもある。この大震災で多く人に頼りにされた東大の放射線医学専門家もこのチームに属していたはずだ。

『原発と地震』は2007年の震度7によって引き起こされた柏崎刈羽原発事故の、新潟日報の記者たちによる記録だ。当時の社長である勝俣氏や副社長の清水氏も登場する。目次からいくつか見出しを抜き出してみよう。「電力マネー特需」「風評被害増幅」「消えた議事録」「続く密室体質」「ミス発覚」など、まるでここ1か月の記事を見るようだ。本書の最後に3人にインタビューしているのだが、登場するのは新潟県知事に石原都知事と斑目東大教授。ほかに『新リア王』で活断層を知りつつ原発を作り続けた1970年代以降の経済産業省を描いた高村薫さんも登場する。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら