『兵士は起つ』新刊超速レビュー

成毛 眞2013年03月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兵士は起つ: 自衛隊史上最大の作戦
作者:杉山 隆男
出版社:新潮社
発売日:2013-02-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

陸海空の自衛官を描いた『兵士に聞け』から足掛け18年、本作で5作目となる兵士シリーズの最新刊である。自衛隊は国と国民と守ることを義務付けられた巨大組織であるにも関わらず、その発足から長い間「日陰者」として扱われ、顧みられることはなかった。杉山隆男はイデオロギーや観念論から決別し、ひとりひとりの自衛官に密着することで、自衛隊とは何者かを探り出そうとする現場の人だ。

本書の副題は「自衛隊史上最大の作戦」。もちろん東日本大震災における災害派遣だ。発災から2ヶ月間、自衛隊は10万人体制で被災者支援を行なってきた。派遣された自衛官自身が被災者であったり、原発事故現場に向かう決死隊であったり、それが彼らの仕事であり義務であると知っていても、映像を見て胸を打たれた人も多かったであろう。

本書にも勤務中に津波に飲み込まれながらも懸命に人命救助にあたる自衛官たちが登場する。かろうじて3歳と1歳の娘たちは祖母に助けられたものの、任務のために2ヶ月も自宅に帰れなかった女性自衛官が登場する。多くの自衛官は勤務中の発災だったため、家族の安否を確かめる前に災害派遣地へと向かったのだ。

彼らの任務は生存者救出からやがて遺体捜索へと切り替わっていく。一家で逃げようとしていたのか、バッグを肩に掛けた父親と3歳くらいの幼子の手を握りしめた若い母親の遺体を発見するときもある。おばあさんと5歳くらいの女の子と乳幼児の姉妹の遺体を目にすることもある。そのとき隊員たちは現場を飛び出して嗚咽し、深呼吸をしてから任務に戻るのである。

平素は必要悪であるとして軽んじ、有事になれば命を賭けよとは、国民のわがままがすぎる。本書の等身大の自衛官から学ぶことは多いはずだ。

(2013年3月9日 産経新聞掲載)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら