「本のキュレーター勉強会」第2回

新井 文月2011年02月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月2日、第2回目「本のキュレーター勉強会」が行われました。栗下さんはインフエンザの為お休み。お身体ご慈愛下さい。

さて今回も赤坂インスパイアに朝7:00に集合し、たっぷり濃い2時間となりました。まず課題図書である『警察の誕生 (集英社新書)』の書評感想シェア。そして、各自選定した書評とオススメ本を紹介する流れとなります。そしてこの時間、どっぷり濃ゆいのなんの。

まず皆持ってる量が普通ではない。そして「この装丁が~」「ノンブルが~」「この出版社てそうだよね」等、なんか本の内容以前の段階で熱くなってます。東えりかさんなど「本が反ってる」とか一緒になって熱く語るあたり、本好きが集まるよき時間だなあと感じます。参加者の話題は多岐に渡り、オートポエーシス、フーシェ、文科省、物理学、江戸の地図(成毛さん)などネタがつきません。

そして持参するオススメ本が何冊も被る始末。なんで!?世の中こんなに本が販売されているのに!という事で前回からさらにパワーアップした時間で終了。途中、山下さんによるツィッターのおかげで、オンタイムで話題も反映されました。次回の課題図書は土屋さんが紹介してくれた『閃け!棋士に挑むコンピュータ』です。今後とも宜しくお願い致します。

※ちなみに当ブログでは1記事につき3冊までの本掲載なのです。ショーーック!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら