1月の新刊書評

東 えりか2011年01月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月も今日が最終日。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとよく言われるけど、今年もあっという間に過ぎそうだ。

覚え書き程度に今月の掲載された新刊書評仕事を一覧にしてみると、あれま、少ない。

やはり年末年始で10日あまり、仕事をしていないから仕方がないか。

これ以外に新人賞の下読みとかインタビューのまとめなど、他の仕事もありますけど。

新刊書評

小説すばる2月号
身体のいいなり 身体のいいなり
(2010/12/17)
内澤 旬子

商品詳細を見る
内澤旬子『身体のいいなり』(朝日新聞出版)

幼いころから虚弱だった著者が、乳癌をきっかけにみるみる健康になっていく話。

しかし、最近ぎっくり腰になったらしい。

ミステリマガジン2月号
A3【エー・スリー】 A3【エー・スリー】
(2010/11/26)
森 達也

商品詳細を見る
森達也『A3』(集英社インターナショナル)

『A』『A2』とドキュメンタリー映画として発表してきたが、今回は活字だけ。

麻原彰晃がどのように裁かれているのか。

森が欺かれているのか、それとも裁判に問題があるのか。

小説宝石2月号
おくうたま おくうたま
(2010/12/16)
岩井 三四二

商品詳細を見る
岩井三四二『おくうたま』(光文社)

大河ドラマ『江』の兄の物語。

著者が得意とする、変わった職業の侍たちシリーズ。

信長革命  「安土幕府」の衝撃 (角川選書) 信長革命 「安土幕府」の衝撃 (角川選書)
(2010/12/25)
藤田 達生

商品詳細を見る
藤田達生『信長革命「安土幕府」の衝撃』(角川選書)

今月のイチオシ。

ここ10年ぐらいの研究でわかった信長と安土桃山時代の新説は、ドキドキするほど面白い。

初夢に信長が出てきたほど。

本の雑誌2月号(クロスレビュー)
第二音楽室―School and Music 第二音楽室―School and Music
(2010/11)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る
at Home at Home
(2010/10/27)
本多 孝好

商品詳細を見る
春駒日記 吉原花魁の日々 (朝日文庫) 春駒日記 吉原花魁の日々 (朝日文庫)
(2010/11/05)
森 光子

商品詳細を見る
時事通信社(地方紙配信)
昭和旅行誌―雑誌『旅』を読む 昭和旅行誌―雑誌『旅』を読む
(2010/12)
森 正人

商品詳細を見る
森正人『昭和旅行誌 雑誌「旅」を読む』(中央公論新社)

交通公社(後にJTB)が発行していた『旅』という雑誌を手がかりに、昭和の旅の歴史を語る。

子供のころの思い出の旅が、鮮やかに蘇る。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら