サッカー経済学 『「ジャパン」はなぜ負けるのか?-経済学が解明するサッカーの不条理』

村上 浩2010年04月26日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ経済学者(こんな肩書き初めて聞いたぞ!)のステファン・シマンスキーとジャーナリストのサイモン・クーパーがサッカーについて徹底的に計量経済学的手法を用いて分析しまくる。Freakonomics以来の計量経済学の面白本。

「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理 「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理
(2010/03/24)
サイモン・クーパーステファン・シマンスキー

商品詳細を見る

メジャーリーグの中でもお金のない弱小球団を、統計の力でワールドシリーズへ導いた「マネーボール」のサッカー版である。クラブチーム、ナショナルチームを勝利へ導く要素(数字)は何か?膨大なデータを基に検証していく。

著者によると、ナショナルチームの勝率は、�人口�一人当たりGDP�サッカーの経験(@欧州)で8割以上説明できる。

サッカーに興味はないが、本書を読めば日本サッカー協会の取るべき施策は唯一つ。大枚はたいて、ヒディングを雇えばいいのだ。「複雑な問題に単純な答えはない」と池田信夫氏は重ね重ね言っているが、日本代表強化に関する課題は単純な問題なのかもしれない。本当に複雑な問題は、様々な利権が渦巻く協会の中で、この「単純」な回答をいかに

実行するかということなのかもしれない。

ちなみに、マネーボールは未読・・・

マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫) マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)
(2006/03/02)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら