『不愉快なことには理由がある』―編集者の自腹ワンコイン広告

版元の編集者の皆様2013年05月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不愉快なことには理由がある
作者:橘 玲
出版社:集英社
発売日:2012-11-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

世の中には不愉快なことがゴマンとあります。

いきなりすみません。でも、政治家は信用ならないし、尖閣問題は解決しないし、格差社会だし、ダイエットがうまくいかないし、恋人や配偶者の言動も納得いかないし……。

これ、私の個人的な悩みではありません(一部はそうですが)。本書が取り扱うさまざまな「不愉快」の一例です。

本書をジャンルづけすれば“社会批評集”といったところですが、著者の橘玲さんは政治や経済から個人の生活に至るまで、さまざまな「不愉快」の解決策を提示……してはくれません。それどころか、「だって○○だからしょうがないじゃん」という理由をズバズバ述べていきます。

なんだか後ろ向きに聞こえるかもしれませんが、どっこい、読み始めるとこれがすっごく気持ちいい! 考えてみれば、「不愉快」のほとんどは「なんでこうなるんだ、バカヤロー!」とか思うから不愉快なのであって、「しょうがない理由」がわかると、不思議なほど落ち着きます。「原発」「生活保護」「いじめ」などのシリアスなテーマも、橘さん独特の簡潔明瞭な(時には身もフタもない)筆致で、本当に読みやすくまとまっています。

本書の議論のベースになっているのは、実は「進化論」です。サイエンス好きのHONZユーザーの皆様には説明無用かもしれませんが、現代の進化論は、脳科学や遺伝学、ゲーム理論、行動経済学などの学問と複雑に結びついた刺激的な分野です。これを社会批評に当てはめてみたら、いろんな「不愉快」の理由も解明できてしまった、というわけです。

最後になりましたが、本書の表紙にはあの『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造氏にご登場いただきました。「僕の本を読んだ人から、ときどき『笑ゥせぇるすまん』を思い出すと言われる」という橘さんと、奇跡の初コラボ。帯には推薦コメントもいただいているので、ぜひご覧になってみてください。

集英社 星野晋平

*「編集者の自腹ワンコイン広告」は各版元の編集者が自腹で500円を払って、自分が担当した本を紹介する「広告」コーナーです。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら