6月の今月読む本 その1

東 えりか2013年06月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッターやフェイスブックをご覧の方は、昨日の成毛眞代表の雄叫びを読んだだろうか?

HONZ開始以来、右肩上がりのPVですが、60万を軽々と超え、日々ご覧になる方が増えています。ありがたいことですが、レビューアも気を引き締めて、オススメの本を探しています。と、気合の入った朝会は開始されました。

今日の欠席は家族の都合で久保洋介、仕事の都合で深津晋一郎、親知らずを抜いたらたいへんなことになった足立真穂の3人。

まずは恒例になったスカイプ参加の鰐部祥平 今日は回線が上手くつながらず、ラップみたいな会話になってしまった。

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション
作者:サルマン・カーン
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「質の高い教育を、無料で、世界中のすべての人に提供する」――世界中で学校教育のありかたを大きく変えつつあるNPO「カーンアカデミー」創設者の本。高村のイチオシだったのだが先に言った者勝ち。

五人の権力者と女たち: カストロ・フセイン・ホメイニ・金正日・ビンラディン
作者:ディアーヌ デュクレ
出版社:原書房
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

英雄色を好む、というがカリスマたちの女癖を暴いた一冊。

ゲリラと森を行く
作者:アルンダティ・ロイ
出版社:以文社
発売日:2013-05-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

経済発展を謳歌するインドに存在するゲリラたちを取材した女性作家アルンダティ・ロイ。ゲリラの村に入り、子供や女性らと寝食を共にした記録。

出張途中で途中下車して朝会に参加した仲野徹

性欲の研究: エロティック・アジア
作者:
出版社:平凡社
発売日:2013-05-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

遅刻している栗下が来る前に、と本書。関西圏ではコメンテーターなどで大人気の著者だが、かなりまじめに書かれた一冊だそうな。ただし、電車の中では読めないらしい…

驚きの数学 巡回セールスマン問題
作者:ウィリアム・J・クック
出版社:青土社
発売日:2013-05-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

セールスマンが顧客をまわるための最適な方法は数式化されていないそうだ。100万ドルの懸賞金がかけられた未解決の超難問「P対NP予想」との関係…って何?

史上最強カラー図解 毒の科学 毒と人間のかかわり
作者:船山 信次
出版社:ナツメ社
発売日:2013-04-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

古今東西の毒物を網羅した百科事典のような一冊で、かなりきちんと書かれているそうだ。一家に一冊、毒の本。

この秋にもバスク地方に美味しいものを食べに旅行するのだ、と自慢する成毛眞 太鼓腹が2倍になる呪いをかけてやる~

一生に一度は泊ってみたい奇想天外ホテル
作者:ディミトリス コッタス
出版社:エクスナレッジ
発売日:2013-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本当にこんなホテルがあるの?という不思議な宿屋の写真を集めた本。なかには泊ってみたいと思うのもあり。

中米ブラックロード
作者:嵐 よういち
出版社:彩図社
発売日:2013-05-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

世界中のヤバいところばかりを選んで旅をしている著者だが、今回は本当に危なかったらしい。エルサルバドルなど、究極のヤバさだとか。

辞書を編む (光文社新書)
作者:飯間 浩明
出版社:光文社
発売日:2013-04-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本屋大賞を受賞した三浦しをん『舟を編む』は映画も大ヒット。俄然、注目が集まる辞書編集者たちが、自らの生態を語る。

人事異動によって担当が変わり、てんてこ舞いの内藤順

おんなの日本史修学旅行
作者:花房 観音
出版社:ベストセラーズ
発売日:2013-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

団鬼六賞大賞作家は、昼は現役バスガイド。日本史の裏側にあるいろいろエロエロなお話。

あしあと動物園 足拓コレクターのフィールド日誌
作者:小宮輝之
出版社:ぱる出版
発売日:2013-05-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

実物大のあしあとを見せた後、その動物の生態を解説。動物本はみんな好きなのに、この本には喰いつかず…

チーズと文明
作者:ポール キンステッド
出版社:築地書館
発売日:2013-06-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ここ数年、発酵食品が大ブーム。次はこれ。大本命!

分厚い本に無数に貼り付けられた付箋。それが最近芸術的になってきた村上浩

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力
作者:スーザン・ケイン
出版社:講談社
発売日:2013-05-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「ぜんぜん内向型じゃないじゃん」という声をよそに、アメリカ人で出しゃばりじゃない人間が書いた本を薦める。日本人には共感しやすいかも、と。

銀行王 安田善次郎: 陰徳を積む (新潮文庫)
作者:北 康利
出版社:新潮社
発売日:2013-05-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

3年前に出版された本の文庫化。みずほフィナンシャルグループ。この巨大企業の礎を築いた安田善次郎。アベノミクスのせいか。この手の本が多く出ている。

鎖国中、日本に密航してきたアメリカ人は初めての英語教師となった。ペリー来航の5年前に入国し、オランダ通詞に英語を教えていたそうだ。

1か月のうちの献本は朝会で争奪戦になるのだが、山ほど抱えて帰った鈴木葉月

江戸の風評被害 (筑摩選書)
作者:鈴木 浩三
出版社:筑摩書房
発売日:2013-05-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ああっ!と小さい悲鳴は麻木久仁子。恨めしそうに鈴木を見る。意識的に流された噂で、人々の行動どころか政局まで動いた江戸時代。その背景に迫る。

「城取り」の軍事学
作者:西股 総生
出版社:学研パブリッシング
発売日:2013-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

冒頭に「本書は入門書ではない」と書かれているそうで、かなりマニアックな本らしい。戦国時代の小説を読んでいると、陣取り合戦で、かなり細かい計画に基づくものであったのがわかる。

地球-ダイナミックな惑星 (サイエンス・パレット)
作者:Martin Redfern
出版社:丸善出版
発売日:2013-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

丸善出版の新しいシリーズ「サイエンス・パレット」の1冊。今後のラインナップが楽しみ。

新しく書店員も巻き込んだHONZのコンテンツを企画中の田中大輔

徳川某重大事件 殿様たちの修羅場 (PHP新書)
作者:徳川 宗英
出版社:PHP研究所
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

お殿様の家系も大変です。

写実画のすごい世界
作者:
出版社:実業之日本社
発売日:2013-05-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今回、初めて様々な写実画を見せてもらったが、写真と見まごうものから独自のタッチまでさまざま。絵の描ける人がうらやましい。

服を作る - モードを超えて
作者:山本 耀司
出版社:中央公論新社
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

田中大輔出身校の大先輩であり、日本のファッションを牽引してきたヨージ・ヤマモト。素晴らしい本です。

多忙さも、一息ついた土屋敦

スペイン 美・食の旅 バスク&ナバーラ (コロナ・ブックス (181))
作者:菅原 千代志
出版社:平凡社
発売日:2013-05-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

所詮、僕は本だけですけどね、と恨めし気に成毛を見つめる土屋。

海を渡った人類の遥かな歴史 ---名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか
作者:ブライアン・フェイガン
出版社:河出書房新社
発売日:2013-05-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ブライアン・フェイガン著、東郷えりか訳の鉄板コンビ。間違いない!

老化は治せる (集英社新書)
作者:後藤 眞
出版社:集英社
発売日:2013-03-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

老化は病気(炎症)なんだそうだ。だから治せる、という主張に「どうかなあ?」と首をかしげる仲野徹。

車を駐車場にとめたあと、ミッドタウンの中を彷徨ったらしい麻木久仁子

キャラ立ち民俗学
作者:みうら じゅん
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2013-03-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

現在進行形の身の回りすべてを民俗学とするみうらじゅん。カスハガ、とん祭り、ユルキャラなど、彼の造語は多い。

ブレイクアウト・ネーションズ
作者:ルチル シャルマ
出版社:早川書房
発売日:2013-02-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新興国のなかで突出した成長を遂げた国をリポート。

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)
作者:清水 唯一朗
出版社:中央公論新社
発売日:2013-04-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

幕末から現代まで、官僚の生態を解き明かす。

5月の夜会の幹事だった栗下直也。もちろん素晴らしい酔っぱらいの一夜だった。

ジムに通う人の栄養学 (ブルーバックス)
作者:岡村 浩嗣
出版社:講談社
発売日:2013-03-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「この夏からジムに通おうと思って」という栗下に「何言ってんの、今から通って夏はバッと脱ぐんでしょ!」と麻木に叱られていた。

黒船来航 日本語が動く (そうだったんだ!日本語)
作者:清水 康行
出版社:岩波書店
発売日:2013-05-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ほとんど英語を話せない幕末のサムライたちは、どのように外国人と交渉したのか。

<オールカラー版>欲望の美術史 (光文社新書)
作者:宮下 規久朗
出版社:光文社
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

オールカラーの新書。「タイトル買いです」と告白(笑)

今回、誰よりもカブリ本が多く、かなり困っていた高村和久

コミュニケイションのレッスン
作者:鴻上 尚史
出版社:大和書房
発売日:2013-05-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

コミュニケーション能力を高めようと読みはじめたら、自分が思っていた方向ではないものの、今年一番の面白さだという。レビューが楽しみだ。

岡潔とその時代〈1〉正法眼藏―評傳岡潔 虹の章
作者:高瀬 正仁
出版社:みみずく舎
発売日:2013-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

世界的数学者、岡潔。高村はファンなのだそうだ。上下巻の分厚い本、いつの日かのレビューを待つ。

人類20万年 遙かなる旅路
作者:アリス ロバーツ
出版社:文藝春秋
発売日:2013-05-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

出アフリカから20万年、人類はどう進化してきたかを美貌の古人類学者が語る。

風邪でものすごくセクシーな声を出していた刀根明日香

科学以前の心 (河出文庫)
作者:中谷 宇吉郎
出版社:河出書房新社
発売日:2013-04-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

中谷宇吉郎といえば「雪」。科学者にして名随筆家のエッセイを福岡伸一がセレクト。

様々なプロジェクトを手掛ける山本尚毅。いつも楽しそうだ。

「家訓」から見えるこの国の姿 (平凡社新書)
作者:山本 眞功
出版社:平凡社
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

家訓のあるような家に育たなかったが、家訓の違いで時代が見えてくるんだそうだ。

金沢の気骨文化でまちづくり
作者:山出 保
出版社:北國新聞社出版局
発売日:2013-04-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

前金沢市長の20年間の功績。21世紀美術館など、素晴らしいものが多いと思う。

節約★なう。
作者:
出版社:宝島社
発売日:2013-05-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

最近流行りのツイッター本。涙ぐましいばかりの努力…

歌舞伎座の杮落公演に通う東えりか。懐がくるしい…

宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
作者:岡江 晃
出版社:亜紀書房
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

読み終わって、とても気持ちが暗くなってしまった。こういう人間がいるのか。

市川中車 46歳の新参者
作者:香川 照之
出版社:講談社
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

市川中車こと香川照之は名文家である。それを期待したが本書は聞き書き。それでも彼の歌舞伎界へ挑む気持ちはよく書かれている。

トリセツ・ヤマイ ~ヤマイ世界を俯瞰する
作者:海堂 尊
出版社:宝島社
発売日:2013-05-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

トリセツシリーズ『トリセツ・カラダ』は名著である。その第2弾で、子どもから大人まで読める本。少々難しい。

病気入院中のお母さんも徐々に快方に向かっているという新井文月

荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)
作者:荒木 飛呂彦
出版社:集英社
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦は映画マニア。その評のファンも多い。今回のテーマはサスペンス性。

絵本画家 天才たちが描いた妖精 (ビジュアル選書)
作者:井村 君江
出版社:中経出版
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

妖精の研究者が収集した妖精の絵がすばらしい。どうやって集めたのだろうと感心する。

忍法大全
作者:初見 良昭
出版社:講談社
発売日:2013-04-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今回一番の注目本!中はかなり詳細に書かれているのだが、なぜか笑えてしまう。でも忍者はいま、世界的にブームなのだそうだ。

さて、ここでひとまず筆をおく。その2はまた近いうちに。イベントで決定しているのは、成毛眞が6月21日に岩波書店でブックカフェに登場する、しかしソールドアウト。近くなったら追加募集があるかもしれないので、興味のある方はここをチェック。はじめてのUSTREAM中継をします。メンバーも多数かけつける予定です。御期待ください。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら