6月の今月読む本 その2

東 えりか2013年06月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨に入ったのがウソのような暑い日が続いている。今年は殊の外、バラの花が美しい。そろそろアジサイも見ごろだ。

そんなことを考えながら早朝の朝会に来るのだが、始まればみんなお互いのカバンの中を探り合い、ボケてつっこむ毎回の爆笑。ただ新刊を紹介しあうだけのことが、なぜこんなに楽しいのだろう。

今月読む本その2は、恒例の欠席者のオススメから。コメントは本人談です。

久保洋介

大人の粋 (対訳ニッポン双書)
作者:立川 談四楼
出版社:IBCパブリッシング
発売日:2013-03-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

立川談四楼のエッセイを英訳しています。粋な言葉を英訳してるんですが、「小股の切れ上がった」とか「下らねぇ」とかの普段絶対使わないような英語です。

海を渡った人類の遥かな歴史 ---名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか
作者:ブライアン・フェイガン
出版社:河出書房新社
発売日:2013-05-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この著者の本って読みにくいんですけど(村上さんが書評した『水と人類の1万年史 』の著者)、テーマがいつも壮大なので、ついタイトル買いしちゃいます。

大震災後のニッポンを米中台韓英のメディアがどのように報じたかを紹介してます。英語にはない「ガマン」という概念を米は評価してて英は疑問視するなど、面白いです。

仕事の関係で欠席の深津晋一郎

消えた国  追われた人々―― 東プロシアの旅
作者:池内 紀
出版社:みすず書房
発売日:2013-05-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

池内紀氏の東プロシア紀行。第二次大戦によってロシアとポーランドに分割され、消滅した国を辿る旅って、ちょっと気になります。

通貨「円」の謎 (文春新書 923)
作者:竹森 俊平
出版社:文藝春秋
発売日:2013-05-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日本が危機に陥ると円高に振れるという変動メカニズムをトリガーに、今後の円と日本経済を考える1冊。落ち着いて読みたいです。

心で見る―日本ラグビーが生んだ世界的ウイングの指導哲学
作者:坂田 好弘
出版社:ベースボールマガジン社
発売日:2013-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日本ラグビー史上No.1プレーヤーと言われる坂田好弘さんの新著。ラグビー界からすると、もうとんでもなく凄い人です。

前日に抜いた親不知のあとが痛んで、七転八倒していた足立真穂

ご存知の方も多いかと思いますが、人気の「マンガ・ノンフィクション」(自称w)です。内容はタイトル通り。3巻まで出ており、最新刊が該当するかと。マンガだっていいじゃない、ということで出してみます〜。テレビドラマ化決定とのこと。

悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈
作者:工藤 美代子
出版社:幻冬舎
発売日:2013-05-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ヒゲの殿下の真実に迫る、ノンフィクション・オマージュとのこと。ノンフィクジョン・オマージュというジャンルが不明ですが、皇室ものはやはり読んでおきたく(案外と好き)。

これは本を皆さんにお見せしたかった。カブっている気もしますが、人間動物行動学でこのタイトル、感じさせます。

以上。『大人の粋』が気になる…

さて以降はオマケの本。こちらのファンも多くなってきました。

新井文月

プラモ インスト ブック: タミヤ1/35MM組み立て説明図No.001~070編
作者:
出版社:大日本絵画
発売日:2013-05-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

東 えりか

一台の黒いピアノ&
作者:バルバラ
出版社:緑風出版
発売日:2013-05-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
弥栄のきずな
作者:林 由紀子(毎日新聞大阪社会部)
出版社:毎日新聞社
発売日:2013-04-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

山本尚毅

リスクとの遭遇 (日経プレミア)
作者:植村 修一
出版社:日本経済新聞出版社
発売日:2013-05-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

刀根明日香

戦争の条件 (集英社新書)
作者:藤原 帰一
出版社:集英社
発売日:2013-04-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

高村和久

へんななまえのへんないきもの
作者:アフロ
出版社:中経出版
発売日:2013-05-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

栗下直也

ひとり歩き
作者:マイク・モラスキー
出版社:幻戯書房
発売日:2013-03-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

麻木久仁子

海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders
作者:認定NPO法人 難民支援協会
出版社:ジュリアン
発売日:2013-05-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

土屋敦

囲炉裏と薪火暮らしの本
作者:大内 正伸
出版社:農山漁村文化協会
発売日:2013-03-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

田中大輔

スタンフォード教授の心が軽くなる先延ばし思考
作者:ジョン ペリー
出版社:東洋経済新報社
発売日:2013-05-31
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

鈴木葉月

新版 中村昌生が語る建築講座 古典に学ぶ茶室の設計
作者:中村 昌生
出版社:エクスナレッジ
発売日:2013-04-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

村上浩

あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ
作者:菊地 成孔
出版社:アスペクト
発売日:2013-05-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

内藤順

新・廃墟の歩き方 探訪編
作者:栗原 亨
出版社:二見書房
発売日:2013-06-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

成毛眞

丸善×ジュンク堂の美術カタログ「defrag」 NEVER まとめ

仲野徹

私の見た日本人
作者:パール バック
出版社:国書刊行会
発売日:2013-03-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

鰐部祥平

名刀虎徹 (文春新書 917)
作者:小笠原 信夫
出版社:文藝春秋
発売日:2013-05-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

足立真穂

木皿食堂
作者:木皿 泉
出版社:双葉社
発売日:2013-05-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

深津晋一郎

ジャッジメントコール 決断をめぐる12の物語
作者:トーマス・H・ダベンポート
出版社:日経BP社
発売日:2013-03-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

久保洋介

なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)
作者:嶋 浩一郎
出版社:祥伝社
発売日:2013-06-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

オマケの本は、青春時代の思いでやら個人のニッチな趣味やらマニアックすぎる本ばかりでツッコミどころ満載。囲炉裏の本の需要は?茶室を作る計画はあるのか?格闘技好きは本を読むのか、などなど。相変わらず成毛代表は好き放題だし。

イベントとしては7月3日~6日に行われる第20回東京国際ブックフェア に、成毛眞が6日の特別講演のパネリストとして登場します。招待券はネットから手に入ります。入場料は無料ですが事前登録制です。前もってご登録ください。

またご要望の多い公開朝会も企画中です。サイトでの告知をお待ちください。

もうすくHONZもまる2年を迎えます。ますますパワーアップするHONZにご期待ください。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら