7月のこれから売る本-紀伊國屋書店富山店 野坂美帆

野坂 美帆2013年07月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HONZをご覧の皆様、ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか。え? 能天気にそんなこと聞くなって? 梅雨の天気が読めなくて大変だったって? 雨が降らない梅雨だと思ったら、いきなり雷雨になったり? まあまあ、気象庁に文句を言うのは少々お待ちくださいませ。今月は、数ある理工書ジャンルの中から、気象・気候学の棚よりオススメ商品をご紹介いたします。

科学の進んだ現代。地震予知はできなくても、大半の気象現象のメカニズムは解明され、対策がとれるようになっているのではないか。そうお思いのお客様もいらっしゃるかと思います。しかしながら、そもそも気象というものは、どこまで明らかになっているのでしょう。

天気と気象についてわかっていることいないこと (BERET SCIENCE)
作者:筆保 弘徳
出版社:ベレ出版
発売日:2013-04-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

まずご紹介しますのは『天気と気象についてわかっていることいないこと ようこそ、そらの研究室へ』。気象学最前線の若手研究者達が寄稿した、あの遠く離れた空に今一番肉薄する本といえばこれです!

研究の最前線では、何が解明されているのか。また、これから何が明らかになりそうなのか。温帯低気圧、台風、竜巻、集中豪雨、梅雨、水循環、天気予報。最近よく耳にするキーワードの現在進行形レポートは、どきどきの臨場感。コラムには寄稿者の研究を飛び出した生の声が書き加えられており、現場を身近に感じることができます。がんばれ、そらの研究室! いけいけ、そらの研究室! 各章末の引用・参考文献から、どうぞ更なる気象学の深みへ。

いのちを守る気象情報 (NHK出版新書 404)
作者:斉田 季実治
出版社:NHK出版
発売日:2013-05-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

さて次は、実用的なものを。『いのちを守る気象情報』は、現役お天気お兄さんが編み上げた、本当に役立つ気象情報入門。報道記者から気象の専門家に転職した著者。災害が起きた後に取材するのではなく、災害を未然に防ぐ者でありたい。そんな思いからの転身、そして東日本大震災―。気象の専門家として何ができるのか、考えの末に結実したのが本書です。

著者は言います。情報だけでは命を守ることはできない。情報を活かすためには、受け取る側にも知識が必要なのだと。具体的な事例を通じて、何をしてはいけないのか、なぜしてはいけないのかを詳しく解説。災害のメカニズムから丁寧に解きほぐし、予報・警報の見方、発生後の行動、情報の集め方まで補された非常に実践的な内容です。740円+税で助かる命があるのなら、それは安い投資だと思われませんか?

気候変動を理学する―― 古気候学が変える地球環境観
作者:多田 隆治
出版社:みすず書房
発売日:2013-04-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いや、つい語ってしまいました。いえいえ、いつも真面目一徹なんですけれども。もちろん本のオススメは真剣勝負ですとも。さて、三冊目は気候学。気候学といえば以前、HONZ代表の成毛が大興奮でレビューしていた『チェンジング・ブルー』をご記憶の方もいらっしゃるかと思います。過去一世紀以上にわたる気候学の歴史や気候メカニズムに関する研究を紹介しながら、気候変動の謎と未来に迫ろうとする野心的な一冊でございました。面白かったですよねえ。

今回私がご紹介するのは『気候変動を理学する―― 古気候学が変える地球環境観』。私、この商品のレビューがもっとネットや新聞に溢れるものとじりじり待っておりましたが、我慢できません。皆さんどうなされたのでしょう遅すぎじゃございませんかもっと世に広めねばならない入門書ではありませんかこれは! 地球環境が地球の歴史の中でどのように変化してきたか、それを制御するメカニズムは何か。東京・神田神保町〈サロン・ド・冨山房Filio〉で、古気候学をテーマに行われた環境サイエンスカフェでの話を書籍化したもの。

物理学的、化学的な説明も初学者にわかりやすく、サイエンスカフェでの質疑応答を形態そのままにまとめてあるので、読みやすい内容です。興味はあるけど……という方はぜひ終章をどうぞ。サイエンスカフェ開催の目的から本を編む上で付け加えたかったこと、各章のポイント、今後の分野研究に寄せられる期待がまとめられているので、本書をざっくり見渡すことができます。『チェンジング・ブルー』で得た興味を、深い理解に繋げるための副読本としてもぜひ。

水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック
作者:池田圭一
出版社:文一総合出版
発売日:2013-07-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

おや、そうだ。興奮必至の商品が今月刊行予定でございました。ご紹介しなくては締まりが悪い。『イモムシハンドブック』『野草のロゼットハンドブック』など、ピンポイントなテーマ、また薄さからは想像できない情報量を備えたコンパクトなハンドブックシリーズを刊行する文一総合出版より7月末頃発売の『水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック』。「幻日」「環天頂アーク」「ブロッケンの妖怪」など、40項目以上の大気光学現象を紹介した、おそらく日本で唯一のハンドブックです。一部ページ見本を拝見しましたが、期待を裏切らない内容に仕上がっております。どうぞお見逃しなく。

今月もついつい暑いもとい、熱い文章で過ごしにくさ倍増なオススメとなってしまいまして、面目次第もございません。気象庁に文句を言う気もそがれた? それはようございました。どうぞお近くの書店にて、涼やかな空の世界をご堪能くださいませ。また来月、お目にかかります。

野坂 美帆

32歳子持ちB型書店員。現在の担当部門は理工書。

担当の中で好きなジャンルは建築。HONZレビュアー。

紀伊國屋書店富山店

住所: 富山市総曲輪3-8-6 総曲輪フェリオ7F

TEL : 076-491-7031 FAX : 076-491-7081

営業時間 : 10:00~20:00

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら