『男を維持する「精子力』-編集者の自腹ワンコイン広告

版元の編集者の皆様2013年08月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男を維持する「精子力」
作者:岡田 弘
出版社:ブックマン社
発売日:2013-07-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
「新聞読んでたら、精子力? 吹いたWWW」

「俺も精子力発電したいorz」

これは、本書の新聞広告を出稿した日のツイッターに寄せられた声だ。「精子力」。別に笑わせるためにタイトルつけたんじゃないんだけどな。注目してくれたのは嬉しいが。これが「卵子力」という本だったら、笑う人いるのかな?

このコーナーは編集者の裏話的なお話をしてもOKとのことだったので、なぜ、このタイトルにしたのか、お話したい。本書は、男性の性機能についてまとめた真面目な本である。著者は男性不妊のパイオニアである岡田弘先生(獨協大学越谷病院 泌尿器科主任教授)。ご存知の方も多いかもしれないが、不妊の原因は男性と女性半々にある。しかし我が国で不妊治療を行っているのは圧倒的に産婦人科医だ。男性不妊専門医は、全国で50人にも満たないのが我が国の現状。

つまり、男は女ほど「不妊治療」に積極的じゃない。「妻に原因があるのなら治療をしてほしいが、自分に原因がある場合は、積極的な治療はちょっと」とおよび腰になる夫が多い。「赤ちゃんが出来ないのは、おそらく妻のせい」と漠然とやり過ごしている夫も多いことだろう。一方、妻達はそんな夫の心の内を読み、「そんなのズルくね?」と味気ないセックスをしながら心の中で呟いてみる。そりゃ、少子化は止まらんわ。

そんなわけで、「男性不妊」という言葉をタイトルにつけると、本は売れないらしい。一番読んでほしい人達が、「俺は関係ない」と手に取ってくれない。だから、懸命に考えたのです。「男性不妊」と打たずに男性にこの本を読んでもらえそうなタイトルを。

そうこうして浮かんだ言葉が、「精子力」でした。岡田先生は大変真面目で権威ある先生なので、少々ビビりながら「あの、『精子力』というタイトルはどうですか?」と切り出すと、「それ面白いね。いいんじゃない」と二つ返事でご承諾。なんて心の広いお医者様。しかし、弊社社長(七十代男)及び営業担当(四十代男)に相談すると、「そんなタイトル、恥ずかしくて買えないよ」と反論されました。もう少し言葉を足してくれ、と。

「男はね、小宮が思っているよりデリケートな存在なんだ!」……私は、タイトル会議において何度このセリフを営業男子から言われたか、わかりません。(弊社刊『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』宋美玄著)しかり。

「では、【男をアゲル「精子力」】では、どうでしょうか?」(私)
「それだと、買う人がそもそも精子力が低いみたいで買いづらい」(営業)
「じゃあ、【女が悦ぶ「精子力」】は?」(私)
「それだと、買う人が女性を悦ばせたことがないみたいじゃないか」(営業)

……あ~もう。めんどくさいよ、デリケート過ぎて、男。

というわけで、紆余曲折を経てたどり着いたタイトルがこの、『男を維持する「精子力」』です。私は気に入ってます、かなり。精子だって、卵子と同じく老化します。いつかは赤ちゃんを…と漠然と思っている二〇代、三〇代の男性の皆さん。恥ずかしくないので、読んでください。日本のために。愛する人のために。

ブックマン社 小宮亜里

*「編集者の自腹ワンコイン広告」は各版元の編集者が自腹で500円を払って、自分が担当した本を紹介する「広告」コーナーです。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら