10月のこれから売る本-山下書店南行徳店 髙橋佐和子

髙橋 佐和子2013年10月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どの書店もハロウィン一色になってきました。

HONZをご覧の皆さま、こんにちは。

季節がうつりかわるように、日々、自問自答していることがあります。書店は、様々な知恵が蓄積されている場所と、著名な本に書いてありましたが、実際にその通りで、悩んだときは書店にいるだけで心が安定するように思うのです。自分自身の生き方。答えはこちらに書いてあります。

価値ある生き方
作者:井上 裕之
出版社:大和書房
発売日:2013-09-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

自己啓発本の不思議なところは、普段目に入らないのに、答えを欲しているときには、ふっと目に入ってくる部分かと思います。シンプルで分かりやすい。似通った本はたくさん出版されています。本書は理解しやすい言葉で書かれていますが、疑問点を残し、考えさせてくれます。生き方は、目標がなくなった瞬間に見えなくなります。今は、書店で働いているという気持ちが支えてくれていると分かるだけに、身に沁みました。お客様との世間話の中で、「生き方と死に方は十分考えた方が良いよ」というお言葉が出たことがあります。もっと真剣に答えれば良かったと後悔していますが、このようなことにならないよう頭を使っていこうと思いました。「価値ある生き方」を自身の手で掴みとれるように。

私は、本にジャンルはないと思っています。小説の中には、作家さんの感情が込められています。生きた感情は、ノンフィクションとしても感じられるのです。必死に向き合い続けて、どこか自分という存在を乗り越えた作品があります。

去年の冬、きみと別れ
作者:中村 文則
出版社:幻冬舎
発売日:2013-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いつも「希望」という光を本に込め続けてきた中村文則さん。今作品を読み終えたときに、私の心を駆け抜けたのは書き終えた後の中村さんの表情でした。実際に見たわけではないですが、とても眩しい顔をされていたのではないかと推測します。他の作品は、少し顔を覗かせるくらいだった希望が、朝日を見つめるが如く優しく包み込んでくれる。そんな空間に私は居たような気がします。「乗り越えた」この言葉がぴったりの、渾身の作となっています。人が好きだからこそ、書けた。狂気と愛のハーモニーをぜひ味わっていただきたいです。

全身で向き合い続けて、同じように苦しんでいる人に少しでも何かが伝わるようにと、願いながら、祈りながら描いたのかなと思った作品です。通して読むことは難しく、少しずつ飲み込みながら読みました。

さよならタマちゃん (イブニングKC)
作者:武田 一義
出版社:講談社
発売日:2013-08-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

伝えて良いのか、迷いました。ずっと考え続け、やはり伝えようと決めました。誤解を受けることを恐れ、動けませんでした。しかし、届けたい。本書は、精巣腫瘍という病気に実際になられた方が書いた漫画です。何より伝えたいのは、病気になったときに一番理解してくれるのは医師ではなく、同じ病気を抱えている人なのだということ。家族は、支えてくれる存在です。どの人が欠けても、いけないのだと思うのです。この本からは、感謝や苦しみや、たくさんの感情があります。でも、その中で、伝えたいという気持ちが多く感じられたのです。他人事ではない事柄です。知られていない病気はたくさんあり、インターネットでは見る場所によって間違った知識を持ち、悪戯に不安になることもあると思います。だからこそ、実体験の想いを大事にしたいと、私は思いました。多くの人に読んでもらえることで意味のある最たる本だと思います。

最後に、世界遺産は私にとって魅力に溢れ、夢をくれる存在です。生きている間になるべく多くを感じ取りたい。そう思っています。読み応えがあり、見やすいボリューム満点の書籍をお伝えします。

ぜんぶわかる世界遺産<上> ヨーロッパ/アフリカ
作者:
出版社:成美堂出版
発売日:2013-09-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
ぜんぶわかる世界遺産<下> アジア/南北アメリカ/オセアニア
作者:
出版社:成美堂出版
発売日:2013-09-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

一冊で収まっているものは、単価が安いことがメリットですが、世界遺産好きなら、ここまでのボリュームがないと足らない気がします。魅力たっぷりの場所ですから。

写真が大きくて綺麗です。カッパドキアの写真なんて、息を飲んでしまうくらい。・・・誰かクリスマスプレゼントにくれないかなぁと思ってしまう素晴らしい本です。良かったら書店で見てみてくださいね。それでは、また、来月お会いしましょう。

髙橋佐和子

1982年、AB型。埼玉県にて育つ。

大手書店、街の書店を経て、2012年11月オープニングスタッフとして現書店で働く。地図ガイド・児童書・文庫のお手伝いをしているが、文芸をこよなく愛するアルバイト。本と同じくらい愛しているのは吐息が出るほどの美味しい日本酒。

【山下書店南行徳店】

〒272-0138

千葉県市川市南行徳1-16-1

TEL 047-314-5898

FAX 047-307-8977

「当店のフリーペーパー『ギフト』隔月刊行予定。地元に愛されるお店を目指す。」

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら