10月の今月読む本 その1

東 えりか2013年10月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い…

10月に入ったのになんだろう、この気温。台風の影響とはいえ、汗が止まらない。

降ったりやんだりの雨の中、六本木のミッドタウンへやってきた。

雨のHONZの朝会は、どうも気分が乗らない。

そのうえ、今回も欠席者が多い。地方在住の鰐部祥平野坂美帆。海外出張中の久保洋介山本尚毅。仕事の都合で高村和久鈴木葉月麻木久仁子栗下直也刀根明日香も都合が悪いという。連絡なしの足立真穂は、実はそのとき壮絶な戦いをしていたらしい(このことは、後日レビューに書いてくれるそうだ)。深津晋一郎は仕事が多忙を極めているということで、しばらく休会。

半分以上が休みじゃつまらない。とはいえいつものように始めれば、ガハハハっ!と笑ってまあまあ楽しい。

まずは村上浩から。

新版 分裂病と人類 (UPコレクション)
作者:中井 久夫
出版社:東京大学出版会
発売日:2013-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

精神科の泰斗である著者の、原点ともいえる本の20年ぶりの復刊。

命がけで南極に住んでみた
作者:ゲイブリエル ウォーカー
出版社:柏書房
発売日:2013-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

多分、今月一番のカブリ本。出席者だけでも3人いる。『スノーボール・アース』の著者。

これまた悲鳴が上がる。メンバー全部が好きそうな本だ。ものすごい写真の数々がアメリカの貧困事情を見せつけてくれる。

イラストの仕事が忙しいという新井文月

フラクタリスト――マンデルブロ自伝――
作者:ベノワ・B・マンデルブロ
出版社:早川書房
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「理科系の本も読むことにしました!」と宣言した新井だったが、すでに他のメンバーのレビュー予約が入っていて愕然……

アップデートする仏教 (幻冬舎新書)
作者:藤田 一照
出版社:幻冬舎
発売日:2013-09-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

停滞する日本仏教を憂える、二人のカリスマ僧侶の対談。

ユーザーイノベーション: 消費者から始まるものづくりの未来
作者:小川 進
出版社:東洋経済新報社
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

企業からの押し付けではなく、消費者が製品を自由に使っていく時代。その例をあげる。

大阪からスカイプ参加の仲野徹

キム・イル 大木金太郎伝説: 海峡を越えた原爆頭突き
作者:高月 靖
出版社:河出書房新社
発売日:2013-08-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

力道山、馬場、猪木とともに日本のプロレスを盛り上げたひとり。

大人の社会見学巨大高層建築の科学 (洋泉社MOOK)
作者:
出版社:洋泉社
発売日:2013-07-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

建築マニアの仲野先生。でかいビルって見ているだけで楽しい。

人生、行きがかりじょう――全部ゆるしてゴキゲンに (22世紀を生きる)
作者:バッキー井上
出版社:ミシマ社
発売日:2013-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いろいろな経験を経て、今は大阪の漬物屋店主。ワタシ、ここで買ったことあります!

『ノンフィクションはこれを読め!2013』校了間近の東 えりか

戦後歴程――平和憲法を持つ国の経済人として
作者:品川 正治
出版社:岩波書店
発売日:2013-09-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

元日本火災海上保険の社長、会長を歴任した経済人ながら、平和憲法護持を叫び続けた著者。出版一週間前に死去してしまったという。

維新政府の密偵たち: 御庭番と警察のあいだ (歴史文化ライブラリー)
作者:大日方 純夫
出版社:吉川弘文館
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

幕府のお庭番たちは明治維新あと、どうなったのか。数々の資料から早稲田大学教授が解き明かす。

ミステリマガジン 2013年 11月号 [雑誌]
作者:
出版社:早川書房
発売日:2013-09-25

中学時代、ポケミスを読むのは大人になるための階段だった。1875冊の総目録。……って興奮してたら内藤順に「ポケミスって何ですか?」と聞かれて唖然。僕も知らない、と村上。えええっ、ポケミス知らないの?と驚愕した。ほんと、小説読まない人たちだねえ。

プロデュースしたこの本が順調な成毛眞

お洒落名人 ヘミングウェイの流儀 (新潮文庫)
作者:今村 楯夫
出版社:新潮社
発売日:2013-09-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

近々「解説から読む文庫」に登場予定。

歌舞伎 型の魅力 (角川ソフィア文庫)
作者:渡辺 保
出版社:角川学芸出版
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

歌舞伎マニアの成毛にして「この本は入門書としてぴったりだよ」とお墨付き。

鉄道と戦争の世界史
作者:クリスティアン・ウォルマー
出版社:中央公論新社
発売日:2013-09-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

戦争の勝敗を決したのが鉄道であった、という事例を集めた力作。

突っ込むメンバーが少なくて、ちょっと寂しそうな内藤順

三面記事の歴史
作者:ロミ
出版社:国書刊行会
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

著者は『おなら大全』『悪食大全』を書いた人、というとああ~と納得。

おかしな建築の歴史 (エクスナレッジムック)
作者:五十嵐 太郎
出版社:エクスナレッジ
発売日:2013-09-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

内藤が建築?と思ったが、実は仕事のプレゼンなどにとても役に立つんだそうだ。そのうち、『建築物で勝つプレゼン技術』という本を書いてほしい。

世界は球の如し: 日本人世界一周物語
作者:熊田 忠雄
出版社:新潮社
発売日:2013-09-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

世界一周をしてしまった、日本人の御先祖様たち。

キャンプ料理の仕事で地方に出かけ、携帯もつながらない本当のキャンプしてきた土屋敦

拡張する脳
作者:藤井 直敬
出版社:新潮社
発売日:2013-09-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

脳科学者が語る最前線。それよりも凝った装丁の話で花が咲く。

草魚バスターズ
作者:真板 昭夫
出版社:飛鳥新社
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

土屋の大好物、素敵な科学者の話。

超訳 小説日米戦争
作者:佐藤 優
出版社:ケイアンドケイプレス
発売日:2013-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

大正9年に書かれたSFを今読むと!さすが佐藤優、と一同感心しきり。

スイーツ男子は最近パンケーキに嵌っているという田中大輔

日本ウイスキーの誕生
作者:三鍋 昌春
出版社:小学館
発売日:2013-09-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

下戸だった田中だが、少しずつお酒を嗜むようになってきた。最近、世界でも評判のいい日本ウィスキーの歴史。

ありえない決断 フォーチュン誌が選んだ史上最高の経営判断
作者:バーン・ハーニッシュ
出版社:阪急コミュニケーションズ
発売日:2013-09-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

非常識な決断が業績回復や新商品ヒットの裏に隠されている。

京都はじまり物語
作者:森谷 尅久
出版社:東京堂出版
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

長い間、日本の中心だったから、いろいろあるよね~

というわけで出席者が少ないので、一冊ずつゆっくり紹介できた。時にはそういうのもいいけど、やっぱりたくさんでわいわい言いたい。こういう状態が続くようなら、朝会の存在自体見直した方がいいかもしれない。『ノンこれ2013』出版を機に、ちょっと真剣に考えてみよう。

その『ノンフィクションはこれを読め!2012-2013』ですが、今まさに正念場。紹介する本は100冊の予定でしたが、どうしても絞り切れず110冊になりました。発売イベントや予約など近日詳細を発表します。お待ちくださいね~

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら