『駅前の歩き方』 マンガHONZ by 堀江貴文

堀江 貴文2013年10月30日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
駅前の歩き方 (モーニングKC)
作者:森田 信吾
出版社:講談社
発売日:2005-02-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

講談社モーニングに時々連載されていた知る人ぞ知る食漫画。といってもただの食漫画ではない。私は初めて見た時「なるほどーこういう視点もあるのかー」と唸ったものだ。というのはこの漫画、今となっては全国的ブームとなった「ご当地B級グルメ」の先駆けともいうべき漫画なのである。連載されていたのはおそらく10年近く前。それが2005年に突如単行本化された時は一人小躍りしていたものである(苦笑)

今でこそ、多くの人が知る伊那のローメン、富士宮やきそば、秋田のババヘラアイス、長崎のトルコライス(最近トルコ政府から抗議が来たとか)などなど。作家である主人公が担当編集者と食べ歩くというありがちな展開なのだが、とにかく食べに行きたくなる気満々になってしまうズルい作品。同じくB級グルメテイストでも「孤独のグルメ」が何度もリバイバル連載され、テレビ東京で人気ドラマになってしまったのと対照的にこの作品がリバイバルもドラマ化もされないのは、やはり「B-1グランプリ」が盛り上がりすぎて普遍的になってしまったということなのだろうが、それでもこの漫画は読み返してみる価値があると私は確信する。大衆に消費されていない頃の古き良き(?)ご当地B級グルメの世界がそこにある。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事