11月の今月読む本 その2

東 えりか2013年11月17日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2012-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これは去年、初めてHONZが出したものです。赤いタイトルが目印。1年前と今ではPVが倍以上違っています。ですから、今年初めてHONZを知った、という方もたくさんいらっしゃいます。ノンフィクションってこんなに面白いんだ、と気が付かれた方は、ぜひ去年の本も手に取ってみてください。幸い、フェアをしてくださっている書店さんでは、こちらも置いてあるところが多いようです。

さて朝会の続き。出口さんが「こんなバトルとは思わなかった、恐ろしい」という今月読む本の駆け引きは、前半が圧倒的に有利で、後半回ってくる人は、いつ手持ちの本は無くなるか戦々恐々である。特に今回はカブっている本が多い。

麻木久仁子

かつお節と日本人 (岩波新書)
作者:宮内 泰介
出版社:岩波書店
発売日:2013-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

レビューはこちら いつにも増して元気な麻木。久々のレビューも渾身のものだった。最初は「きれい~」と言われていたメンバーなのに、最近では「レビューかけよ!」と脅される始末。いや、とってもフレンドリーだからこそですけど。

内務省の政治史 〔集権国家の変容〕
作者:黒澤 良
出版社:藤原書店
発売日:2013-09-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これはまた固くて高価な本ですこと!現在の日本は警察国家化しているのではないか、という視点から読んでみたいのだそうだ。

四大公害病 - 水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市公害 (中公新書)
作者:政野 淳子
出版社:中央公論新社
発売日:2013-10-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

高度成長期の負の部分である公害。子どもの頃、大きなニュースとして取り上げられていたけど、あれは結局どうなったのだろう。確かに私も知りたくてポチリ。

土屋敦

ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言 上
作者:フィリップ シノン
出版社:文藝春秋
発売日:2013-11-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言 下
作者:フィリップ シノン
出版社:文藝春秋
発売日:2013-11-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

キャロライン・ケネディの着任にあわせて、日米同時発売の本書。真実に迫る、というよりはケネディ暗殺の真相を探るため全米から優秀な若手弁護士・検事がワシントンに集められたウォーレン委員会がどのように執り行われたかを記したもの。

自然暦
作者:川口 孫治郎
出版社:八坂書房
発売日:2013-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「おいおい、大丈夫か、枯れちゃったんじゃない?」と成毛が心配するほど渋い本。1972年に出された本の復刻版で、四季おりおりの各地に受け継がれる自然に導かれた生活の知恵が描かれている。鳥類学者というのに惹かれる。

文庫 かたき討ち: 復讐の作法 (草思社文庫)
作者:氏家 幹人
出版社:草思社
発売日:2013-10-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

歌舞伎や講談で人気の高いかたき討ちにも作法があった。江戸時代の武家や武士の妻の怨みの晴らし方。これはものすごく面白そう。

足立真穂

死の帝国
作者:ポール・クドゥナリス
出版社:創元社
発売日:2013-09-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

普通の朝会なら「おお!」と感激するところだか、今回は内藤のこれに持ってかれてしまった。しかし本書もすごい。ヨーロッパにある骨の美術館の写真集。美しいと思うことはいけないのかな。

自殺
作者:末井 昭
出版社:朝日出版社
発売日:2013-11-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

柳瀬さんから「傑作!」の声がかかる。母親をダイナマイト自殺で亡くした著者の自殺に関する思いが詰められている。ちょうど私も読み始めたところだが、一気には読めない。

BLAST
作者:畠山 直哉
出版社:小学館
発売日:2013-09-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

石灰石鉱山の発破の瞬間を撮影したシリーズ「BLAST」長い時間をかけてようやく出版された。それにしても足立の選書、なんか危ない気がする……

成毛眞

今回、一番カブり率の多かった成毛は、弾丸を撃ち果たした感じ。こういう成毛を見るのは珍しいかも。本書は最近話題の多いペンギンについて。「もっと知りたい! 海の生きものシリーズ」はちょっと気になる。

『鳥類学者、無謀にも恐竜を語る』の技術評論社が出した新しいシリーズ。写真がいっぱいで美しい。

民家日用廣益秘事大全 江戸庶民の生活便利帳
作者:三松館主人
出版社:幻冬舎ルネッサンス
発売日:2013-09-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

幕末、都市部では新しい知識がたくさん入ってきたが、田舎ではそれを得ることができなかった。そのため本として記し、知識を広めようとした。これが事細かに書かれてあって大変楽しい。手元においてパラパラと見たい。

東 えりか

千本組始末記: アナキストやくざ 笹井末三郎の映画渡世
作者:柏木 隆法
出版社:『千本組始末記』刊行会
発売日:2013-10-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本、誰かとカブったらどうしようかとハラハラしていた。大杉栄らとともにアナキズムと深く関わりながら“かたぎやくざ”として生き、日本映画史の揺籃期から全盛期を駆け抜けた侠客・笹井末三郎の生涯を描くノンフィクション(アマゾンのまま)1992年に出た本の再販。

変り兜: 戦国のCOOL DESIGN (とんぼの本)
作者:橋本 麻里
出版社:新潮社
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「清須会議」を見た帰りに見つけて思わず買った一冊。こんなもん付けてたら戦えないだろう、と突っ込みつつ、日本人のヤンキー魂に思いを馳せる。

見えない糸 ―物乞いの少年とキャリアウーマンの小さな奇跡の物語
作者:ローラ・シュロフ
出版社:海と月社
発売日:2013-10-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

1980年代後半のニューヨークで、ふとしたことから知り合ったキャリアウーマンと物乞いの黒人少年との心の交流。

久保洋介

トップ・シークレット・アメリカ: 最高機密に覆われる国家
作者:デイナ プリースト
出版社:草思社
発売日:2013-10-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「これは面白かった!」と久保が口を開く前に成毛が奪う。アメリカのトップシークレットに関わる人の数は85万人いるという。機密機関の下にまた機密機関が出来、どれがどうなっているのかわからない状態なのだそうだ。

骨・岩・星: 科学が解き明かす歴史のミステリー
作者:クリス・ターニー
出版社:日本評論社
発売日:2013-09-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

歴史上の謎を科学的手法で解決していく。アーサー王伝説、トリノの聖骸布、恐竜絶滅などなど。

ニッポンのトイレほか
作者:マリトモ
出版社:アスペクト
発売日:2013-10-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「それ、面白かった!」という声があちこちで上がる。トイレの本は数あれど、傑作らしい。それにしてもこの本を手に取った人はメンバーに何人いるんだろう。恐ろしい。

村上浩

トリウム原子炉の道 世界の現況と開発秘史 (朝日選書)
作者:リチャード・マーティン
出版社:朝日新聞出版
発売日:2013-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

じゃんけんで負けて最後になっても余裕の村上。本書は彼が大学で専攻していたことらしい。なぜウラン原子炉が選択されたのか、トリウム原子炉がなぜ優れているのか。

知的障害と裁き――ドキュメント 千葉東金事件
作者:佐藤 幹夫
出版社:岩波書店
発売日:2013-10-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

東金事件の裁判経過を詳しく取材。この著者には『自閉症事件』という労作がある。

我々はアノニマス 天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕
作者:パーミー・オルソン
出版社:ヒカルランド
発売日:2013-11-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

天才ハッカー集団は何者なのか?アノニマス発生の経緯から、世界を震撼させた活動の大きな流れを追う。

欠席の野坂美帆

美術館と建築
作者:
出版社:青幻舎
発売日:2013-10-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
トルコ・イスラム建築紀行
作者:飯島 英夫
出版社:彩流社
発売日:2013-10-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

さてここから逆回りでおまけの本。

村上浩

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
作者:夏井 睦
出版社:光文社
発売日:2013-10-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

久保洋介

原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)
作者:牧野 淳一郎
出版社:岩波書店
発売日:2013-10-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

東 えりか

東アジア流行歌アワー――越境する音 交錯する音楽人 (岩波現代全書)
作者:貴志 俊彦
出版社:岩波書店
発売日:2013-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

足立真穂

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界
作者:エベン アレグザンダー
出版社:早川書房
発売日:2013-10-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

土屋敦

麻木久仁子

反逆する華族: 「消えた昭和史」を掘り起こす (平凡社新書)
作者:浅見 雅男
出版社:平凡社
発売日:2013-09-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

出口治明

謎の村上春樹  読まなくても気になる国民的作家のつくられ方
作者:助川幸逸郎
出版社:プレジデント社
発売日:2013-09-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

田中大輔

その科学があなたを変える
作者:リチャード ワイズマン
出版社:文藝春秋
発売日:2013-10-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

鰐部祥平

寿命100歳以上の世界 20XX年、仕事・家族・社会はこう変わる
作者:ソニア・アリソン
出版社:阪急コミュニケーションズ
発売日:2013-10-31
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

柳瀬博一

女子漂流 ーうさぎとしをんのないしょのはなしー
作者:中村 うさぎ
出版社:毎日新聞社
発売日:2013-11-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

刀根明日香

北のはやり歌 (筑摩選書)
作者:赤坂 憲雄
出版社:筑摩書房
発売日:2013-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

高村和久

パターン・ランゲージ: 創造的な未来をつくるための言語 (リアリティ・プラス)
作者:井庭 崇
出版社:慶應義塾大学出版会
発売日:2013-10-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新井文月

ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリー新書)
作者:杉浦伝宗
出版社:メディアファクトリー
発売日:2013-10-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

栗下直也

ジャポネス・ガランチード--日系ブラジル人、王国での闘い (サッカー小僧新書EX003)
作者:下薗 昌記
出版社:ガイドワークス
発売日:2013-11-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

サッカー小僧新書なんて全く知らなかった。『蹴る力』って本が出そうだね、と麻木が言う。

山本尚毅

RePUBLIC 公共空間のリノベーション
作者:馬場 正尊
出版社:学芸出版社
発売日:2013-09-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

内藤順

鈴木葉月

自衛隊協力映画: 『今日もわれ大空にあり』から『名探偵コナン』まで
作者:須藤 遙子
出版社:大月書店
発売日:2013-10-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

野坂美帆

夢の病院をつくろう チャイルド・ケモ・ハウスができるまで (一般書)
作者:NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
出版社:ポプラ社
発売日:2013-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

そして最後はいつものお楽しみ、事務方の遠藤陽子

『ユダ福音書』の謎を解く
作者:エレーヌ・ペイゲルス
出版社:河出書房新社
発売日:2013-10-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

年末近くになると忙しくて毎年宗教に走るという遠藤。「ユダさんか書いた本ではありません」とは、みんな知ってます。

来場してくださった方にもオススメ本をお聞きした。木幡さんから推薦された本はこれ。

縄文人に学ぶ (新潮新書)
作者:上田 篤
出版社:新潮社
発売日:2013-06-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

縄文人の研究が進み、とても豊かな暮らしをしていたことがわかってきた。著者は建築学者。

朝早くからお集まりいただいたみなさん、ありがとうございました。白熱した議論に驚かれた人も多かったかもしれません。d-laboのHONZ棚もぜひご活用ください。

きたる23日(土曜日)には大阪のジュンク堂本店でHONZのトークショウを行います。成毛、東、仲野、栗下、野坂というちょっと変わったメンバーでお話ししますので、ぜひお越しください。詳細はこちらまで。お目にかかるのを楽しみにしています。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら