【締め切りました】→ 「マンガHONZ」メンバーを募集します

堀江 貴文2013年12月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書店に行くとマンガは驚くほどの売り場面積を占めていて、バラエティ豊かである。

マンガであるというだけで毛嫌いして読まない人がいるのは残念だが、私のようなマンガ好きでも新しいタイプのマンガに出会うのは至難の業だ。「このマンガがすごい!」のような年に一度発売されるムックなどを参考にするか、マンガ雑誌を購入してそこからセレクトするしかない。

しかし、嵩張るマンガ雑誌はいまではほとんど売れていない。以前は電車に乗ると週刊少年ジャンプの発売日には何人かが雑誌を読んでいたと思うが、今はスマートフォンに首ったけである。

マンガのレベルはデジタル化が進んだり専門学校が充実したり、分業化が進んだこともあって以前よりもかなりレベルが上がっている。ブログからデビューするようなこれまでとは違った道も用意されている。LINEマンガやKindleコミックのようなオンラインで完結してしまう流通ルートも存在する。もちろんレベルも様々、玉石混交である。

良いマンガが山ほどある中から、良書をそっと拾い集める役割をするのが今回募集するキュレーターさんの役割である。これから世界規模で良質なマンガが続々と登場するのは間違いない。そんな中、良いマンガを発見するのに要する時間を取れない人達向けにキュレーターさん達の活躍の場が用意されているのである。

募集要項

◆募集定員:最大10名

◆参加条件 ・性別、年齢、職業等は一切不問。(出版関係者も参加可能)

・過去1年間に最低30タイトルのマンガを読んでいること。

・ブログを開設していること。またはそれに準ずる経験を持っていること。

◆参加希望メールについて

2013年12月25日(水)までに、以下の内容をメール本文として manga@honz.jp までお送りください。ワード文書などの添付はご遠慮ください。

・「氏名」「職業」「年齢」

・「過去1年間に読んだ、おススメ漫画10点」(ジャンルを問わず)

・「過去1年間のナンバーワンのおススメ漫画1200字レビュー」

・メールのタイトルは「マンガHONZ参加希望」

※応募の原稿につきましては、合格発表後HONZサイト上にて公開されます。またその際、実名での公表になりますので、予めご了承ください。

◆合格発表:2014年1月上旬にHONZ上にて、発表する予定です。

◆選考基準

・選本のセンスがユニークか

・レビューが批評ではなく、その本がいかに面白いかを伝えるテイストになっているか

◆マンガHONZ入会後について

毎月一回の定例会に参加することができます。第1回目は2014年1月27日(月)の夜を予定しております。地方から参加される方は、各自交通費などご負担ください。

 
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事