『イスラム飲酒紀行』 プレジデント9月12日号掲載

成毛 眞2011年09月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラム飲酒紀行
作者:高野 秀行
出版社:扶桑社
発売日:2011-06-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

イスラム圏ではエジプト、モロッコ、新疆ウイグル自治区などに行ったことがある。それぞれヨーロッパ人の避暑地であったり、シルクロード観光の拠点であったりと、じつは家族旅行向きなのだ。これらの国ではホテルの中は欧米だから、酒は飲み放題である。日没時に町中のスピーカーから聞こえる、礼拝を促す詠唱「アザーン」を聞きながらビールを飲むことほど気持ちの良いものはない。

乾いてひんやりとしはじめた空気、砂漠に沈みはじめた赤く柔らかな太陽、2重3重にエコーがかかっているように聞こえるアザーン、冷えたハイネッケン、このためだけにわざわざイスラム圏に旅立つ気になるほどだ。

本書はそんなヤワな観光客とは隔絶した、プロの辺境作家によるイスラム圏での酒飲みエッセイ集である。秘密警察の目をかいくぐりイランで酒を飲む。海賊で有名な破綻国家、ソマリアで酒を飲む。紛争が絶えない反米独裁国家のシリアで酒を飲む。ほぼ内戦状態にあるアフガニスタンでも酒を飲むのである。しかも、ホテルの中ではなく、現地の人々と一緒に現地の酒を飲むのだから、旅行好きにとっても、酒好きにとっても、本好きにとっても、面白くないわけがない。

ほかにもチェニジアやバングラデシュなどの国をいれて8章だてなのだが、ほとんどすべての章の1行目は「私は酒飲みである。休肝日はまだない。」だ。ノンフィクションライターが取材のために現地人とちょっと酒を飲んでみたというのではないのだ。毎日どんどん飲むのである。ソマリランドでは準ドラッグといわれるカートという葉っぱに一ヶ月も酔っていたりするのだ。

アフガニスタンではお目当ての中華料理店が爆破されていたため、別の中華料理店を探し出す。そして、そこで見たのはいわゆるアジア式カラオケバーだった。思わぬ展開にハラハラしながらも、苦笑してしまう。

奥さんとチュニジアのオアシスを散策していたら、真っ暗な林のなかで見知らぬ若い男に誘われてしまう。サラリーマンのムスリムたちが集まって、隠れ酒盛りをしていたところに出くわしたのだ。そこから先は世界共通の宴会状態になる。じつに楽しい。

しかし、本書は奇をてらった構成の旅行記ではない。全編を通じてイスラム圏の楽しさが伝わってくる素敵な本なのだ。ムスリムには建前と本音がある。公共と私がある。そのことを知ってイスラム圏を旅すると、著者いわく「ムスリムの人たちは酒を飲む人も飲まない人も、気さくで、融通がきき、冗談が好きで、信義に篤い。」のだ。

著者の相棒である森清カメラマンの写真も面白い。40枚あまりのカラー写真は説明的でもなく、アートを気取ってもいない。全体としてこの本の底流となっているイスラムの印象を映しこんでいて見ごたえがある。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら