11月のこれから読む本 その2

東 えりか2011年11月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HONZ、ファンの方が増えたのはとても嬉しいのだけど、あんまりたくさん紹介すると恨まれる…

だから一番人が見ない、日曜の早朝にこっそり更新。

私にとって書店はテーマパークだ。何を買うという目的もなく、有り金も気にせず、ふらふらと平台やら棚ざしやらを見て歩く。できればそんな時間を月に1回は持ちたいと思っている。HONZが始まってから、そこに「気合」が入るようになった。鈴木葉月ではないがハンティングというかコレクションを作るためというか、「自分が読みたい」+「メンバーを驚かせたい」、という不純な動機が含まれるようになってしまった。いやいや、反省反省…

今月読む本のその2は、それぞれが推薦した3冊にプラスして持ってきた本を紹介する。これは今、自分が読んでいる本だったり、他の人とカブったときの予備だったりで持っているもの。しかし往々にしてこっちの方が良かったりするから可笑しい。何しろ「今月読む本」はみんなまだ読んでない本なのだから。面白いかどうか、まだわからないのだから。

というわけでおまけの本を大公開。この前とは反対回りに、まずは麻木久仁子。この人もマニアックな本読みであることが次第に分かってきた。

麻木にサバイバルが必要とは思えないが、食べられるかどうか知っているだけで強みになるね。

仕事柄、上手いことを言わなきゃならないときのための教科書として、だそう。勉強家だなあ。

続いて仕事の関係で中座する村上浩

どこの国であろうと娘が殺されていいはずがない。この本は私も買う。

むし学
作者:
出版社:東海大学出版会
発売日:2011-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

例会のとき土屋やワタシ、久保なんかが楽しそうに虫の話をしていても、わからないからだそう。

そういえば村上は食の本をよく選んでいる。

一番ムキになっている代表成毛眞

腸は第二の脳---整腸とメンタルヘルス (河出ブックス)
作者:松生 恒夫
出版社:河出書房新社
発売日:2011-10-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

先日読んだ『こころの免疫学』から腸がマイブームらしい。

図説 スペイン無敵艦隊: エリザベス海軍とアルマダの戦い
作者:アンガス コンスタム
出版社:原書房
発売日:2011-10-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

西洋史好きなら欠かせない資料。

気づかないうちにこっそり手元に本を持っていた高村和久

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
作者:宮崎 駿
出版社:岩波書店
発売日:2011-10-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

宮崎駿のすごさがわかる、かも。

中国でお尻を手術。 (遊牧夫婦、アジアを行く)
作者:近藤雄生
出版社:ミシマ社
発売日:2011-10-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

前作『遊牧夫婦』の第2幕。

今年最高の多忙時期を終えて、少し放心状態の土屋敦

わたしを宇宙に連れてって―無重力生活への挑戦
作者:メアリー・ローチ
出版社:NHK出版
発売日:2011-10-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この著者の本はみんな読んでいるという土屋。そういえば、私も半分ぐらいは読んでいる。

「糖尿病治療」の深い闇
作者:桐山秀樹
出版社:東洋経済新報社
発売日:2011-10-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本の隣にはなぜか『糖尿病と私』が並んでる。

出世をしない秘訣 改訂新版―でくのぼう考
作者:ジャン・ポール・ラクロワ
出版社:こぶし書房
発売日:2011-09-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

買ったはいいけど自分には必要なかったと独白。

「実はぼく、そんなに本を読んでなかったんですよ」と先日衝撃の告白をした新井文月

スティーブ・ジョブズ II
作者:ウォルター・アイザックソン
出版社:講談社
発売日:2011-11-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

続編は近日アップ予定。

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)
作者:山崎 祐一
出版社:ジェイ・リサーチ出版
発売日:2011-08-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ツイッターとかFBで書かれた英語の略語がわからない人へ。

眼鏡を作り直したら、読むスピードがアップした東えりか

今月の新潮文庫が私の好み。

7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる (新潮文庫)
作者:深谷 圭助
出版社:新潮社
発売日:2011-10-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

先日、成毛と松岡正剛さん、嶋浩一郎さんの鼎談で、百科事典を読むことが子供には必要という話があったが、こちらは国語の辞書。読書好きの子供を育てるためにはこの方法は効果的だと思う。

世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ (新潮文庫)
作者:下川 裕治
出版社:新潮社
発売日:2011-10-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

下川裕治の書き下ろし文庫。面白くないわけがない

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)
作者:小林 和彦
出版社:新潮社
発売日:2011-10-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

文芸社から出た本を大幅に加筆して文庫化。身近に悩んでいる人は多いはず。これはすぐに読みたい。

増補新版 春画で読む江戸の色恋
作者:白倉 敬彦
出版社:洋泉社
発売日:2011-09-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

既にこの著者のレビューは新井文月のこれがあるが、こちらの本はいわゆる四十八手の春画が網羅されて掲載。どうやったらこういう体位を取れるのか?他の本の下に入れてレジに出した、って中坊かワタシは!

あまり本が買えなかったなあと呟いていた栗下直也もまだ隠してた。

ここでマスコミにおけるディズニー関連の裏話を麻木から聞く。オフレコ(笑)

『恥さらし』で思わず私と話が弾んでしまった山本尚毅

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)
作者:ポール・ホフマン
出版社:草思社
発売日:2011-10-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

話題の草思社文庫の新刊。私も読み逃していた一冊

日本語の難問 (宝島社新書)
作者:宮腰 賢
出版社:宝島社
発売日:2011-10-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

言葉に関する本への感心はメンバー全員が強い。

またまたおきて破りの濱崎誉史朗

太陽にかける橋―戦時下日本に生きたアメリカ人妻の愛の記録 (中公文庫)
作者:グエン テラサキ
出版社:中央公論社
発売日:1991-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

絶版本はやめてね。でもあらためてどこかで文庫にしないかな。

どうやらダブってしまった本が多かった内藤順

かなり専門的な本。不穏な世の中だから、よけいに響くのかもしれない。

布の袋から、がっさり本が出てきた鈴木葉月

40歳からの「正しい」美肌の教科書
作者:阿部 圭子
出版社:永岡書店
発売日:2011-09-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

えーっ、はーちゃんまさかのカミングアウト!?と思ったら、マニュアル本じゃなくて基礎から肌について知りたかったのだそうだ。でもなんで??

江戸の本屋と本づくり―続 和本入門 (平凡社ライブラリー)
作者:橋口 侯之介
出版社:平凡社
発売日:2011-10-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この時代にもHONZのメンバーみたいなのがいたんだろうね。江戸ブームも細かいところまで押さえるようになってきたと思う。

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)
作者:浜本 隆志
出版社:筑摩書房
発売日:2011-10-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

そして最後は文化史関連。日本と西洋では概念が全く違うだろうということは想像できる。心の窓、社会の窓…

以上、11月の定例朝会でみんなが紹介した本のすべてです。おまけの27冊足すと66冊!

これだけの本を持ち込んでるんだから笑っちゃうでしょ。でもみんな大真面目に楽しくて仕方がない。

年末には「今年の私の1冊」という特集もしようかと企画中。

実は「HONZのベスト10」を選ぼうと思ったのだけど、到底無理!という結論に達したので(笑)やめました。レビューの人気投票でもやりましょうか?

はい、今回も長文、おつかれさまです。最後までお付き合いいただき感謝です。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら