『危険な世界史 運命の女篇』 新刊ちょい読み

成毛 眞2011年12月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4041100321 危険な世界史 運命の女篇

朝日新聞公式ブログ「ベルばらKidsぷらざ」に連載している「世界史レッスン」をまとめた本だ。これではなんのことだか判らない人が多いだろうが、『怖い絵』の著者だといえばお判りになるだろう。80編ほどの歴史エピソード集なのだが、取り扱っているテーマはフランス革命をはさんで前後100年と狭くて濃い。マリー・アントワネットはもちろん、エカテリーナもピョートル大帝もナポレオン3世もモーツアルトも、ともかく出てくる人物たちが魅力的な時代だ。モーツアルトにまつわる一篇では彼の蔵書に触れ『ローマ・ドイツ帝国史序論』や『論理学基礎の手引き』なども読んでいたし、『モリエール喜劇全集』やシェークスピアも読んでいたと調べあげる。そして、モーツアルトがもう少し長生きしていたら『守銭奴』や『ハムレット』もオペラ化していたかもしれないとまとめる。たしかにそうだよなあ。ともかく、通勤電車のなかで数編を読みきることができる楽しい本だ。本書は『危険な世界史』第2弾。第1弾はこちらだ。

4043940033 危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら