『本へのとびら』 新刊ちょい読み

成毛 眞2011年12月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4004313325 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

前半はスタジオジブリが非売品で作成していた小冊子『岩波少年文庫の50冊』からの転載だ。そもそも本書はその小冊子があってからこそ企画されたらしい。後半は阿川佐和子との対談などをもとにして再構成している。前半の50冊のなかから1冊分をまるまる引用してみよう。たとえば『三銃士』を紹介した文章は「痛快冒険活劇という名にこれほどぴったりの本はないでしょう。ワクワクするってこういう本です。ためになるかですって、もちろんですとも。本を読むのが、こんなに楽しいものだと教えてくれるんですからね…」いい文章だなあ。ボクも子供のころ三銃士には本当にワクワクして、布団のなかでぬくぬくと本を読む幸せを満喫していた。本書は小さな子供を持つ親にとって最高のバイヤーズガイドだ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事