『決着!恐竜絶滅論争』

成毛 眞2011年12月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
決着! 恐竜絶滅論争 (岩波科学ライブラリー)
作者:後藤 和久
出版社:岩波書店
発売日:2011-11-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

6550万年前、恐竜は小惑星の衝突によって絶滅してしまった。すでに一般常識化していると思っていたら、じつは科学界では論争が続いているという。世界中の研究者たち41人はさすがにそろそろ決着をつけようとサイエンス誌に連名で論文を提出した。ところが、その論文に対してさらに衝突説反対派が反論を試みてきたというのだ。

本書はその異説のどこが間違いかをとことん解説するだけでなく、その論争のありさまやメディアの対応などについてまとめている。しかし、アメリカ人の数十パーセントは天地創造説を信じているくらいだから、研究者のこれしきの頑迷さなどは、しかたがないことかもしれない。ちなみに衝突説に反論しているのは1980年代からの30年以上にわたって火山説などを主張してきた老研究者だ。いまどきの若者はといっている層だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら