『牡蠣と紐育』 新刊ちょい読み

成毛 眞2011年12月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
459406504X 牡蛎と紐育(ニューヨーク)

A5版303ページの分厚い本だ。原書のタイトルはBig Oyster、副題はHistory of the HalfShellである。ニューヨークはBig Appleと呼ばれるまえはBig Oysterと呼ばれていた。Halfshellとはボティッチェリの「ヴィーナスの誕生」のイメージであろうか。帯には荒俣宏氏推薦であるから、間違いなく牡蠣とニュヨークの博物学だろう。この本はニューヨークを旅行するときに持って行こうということで買ってみた。ちなみにボクは日本の大ぶりな牡蠣より、アメリカの小さめの牡蠣のほうがはるかに旨いと思っている。そのなかでもシアトル近郊で食べることができる「クマモト」という銘柄が最高だ。この「クマモト」は終戦後に熊本県から西海岸に養殖用として輸出された品種で、いまは日本では作られていない。じつに不思議だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら