『東京の仕事場』新刊ちょい読み

成毛 眞2012年01月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京の仕事場 WORKSPACE IN TOKYO (カーサブックス)
作者:
出版社:マガジンハウス
発売日:2011-12-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

平野太呂の写真集である。平野太呂を知っているひとは雑誌「フイナム」を読んでいるような鋭角なひとであろう。鋭角と聞いて、もしかすると父上は平野甲賀ではないかと思ったひとは重度の本マニアである。ともあれ、この写真集に登場するのは細野晴臣、横尾忠則、フードディレクター野村友里、DJクボタタケシ、マスタークラフツマン西條賢など14人のクリエータたちだ。クリエーターは何葉かを除いて、写り込んでいない。彼らの仕事場を説明的ではなく、かといって抒情的でもなく切り取っている。クリエーターのモノ創り空間。ビジネスマンにとってのデスクトップ画面。ぜんぜん違うようでいて共感してしまう。

あとがきで平野は「タイトルに『東京の~』と付けた件。そのほうが何故だか世界的だし、これで完結せずに、その後も続く感じがあると思いませんか」と書いている。まったく同感だ。HONZの内部的な団体名は東京HONZだし、10年ほどまえにも松本大と藤巻健史と成毛眞3人共著で『トーキョー金融道』という本を出版したこともある。NYCとアメリカ、ロンドンとUKがどこか乖離して見えるように、東京と日本の間にはギャップがある。むしろNYCとロンドンと東京という都市間にこそグローバルな共通点を見つけることができる。京都とローマとパリも同様。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら